芸能人・経営者のおくやみ情報

稲田悦子 氏

フィギュアスケート選手[日本]

2003年 7月8日 死去胃がん享年79歳

稲田悦子 - ウィキペディアより引用

稲田 悦子(いなだ えつこ、1924年2月8日 - 2003年7月8日)は、日本の女性フィギュアスケート選手、コーチ。
1936年ガルミッシュパルテンキルヒェンオリンピック女子シングル日本代表。
戦前、戦後合わせて全日本選手権7回優勝。
日本の女子フィギュアスケートの先駆者でもある。
大阪府大阪市出身。
梅花高等女学校(現・梅花高等学校)卒業。
小学生でオリンピック出場 1924年(大正13年)、大阪の稲田時計店の末娘として生まれる。
1932年(昭和7年)、8歳のときから永井康三にスケートの指導を受け、才能を開花させた。
1935年、第6回全日本選手権女子シングルで優勝し、初代選手権者となった。
1936年(昭和11年)1月にベルリンで開催されたヨーロッパフィギュアスケート選手権に出場し、その際にはドイツの総統アドルフ・ヒトラーと握手している。
同年2月、ドイツで行われたガルミッシュパルテンキルヒェンオリンピックに12歳で出場。
これは2014年現在に於けるオリンピック日本人最年少出場記録(夏・冬を通して)であるのみならず、第二次世界大戦前の冬季オリンピックに参加した唯一の日本女子選手であるなど歴史的な出場であったため、日本の女子フィギュアスケートの先駆けの選手として有名である。

いなだ-えつこ 1924-2003昭和-平成時代のフィギュアスケート選手,指導者。大正13年2月8日生まれ。昭和10年全日本選手権で初優勝し,5連勝。11年小学6年でガルミッシュ-パルテンキルヘン冬季五輪に出場し10位。26年世界選手権出場後,プロに転向し,アメリカのアイスショーに出演。その後コーチとして福原美和らをそだてた。平成15年7月8日死去。79歳。大阪出身。梅花高女卒。 (引用元 コトバンク)

「稲田悦子」と関連する人物(故人)