芸能人・経営者のおくやみ情報

マイケル・ウィナー 氏Michael Winner

映画監督[イギリス]

2013年 1月21日 死去享年79歳

マイケル・ウィナー - ウィキペディアより引用

マイケル・ウィナー(Michael Winner, 1935年10月30日 - 2013年1月21日)は、イギリス出身の映画監督・映画プロデューサー。
ロンドンのユダヤ系の裕福な家庭に生まれる。
父親はロシア系、母親はポーランド人。
ケンブリッジ大学のダウニング・カレッジで学ぶ。
学生時代から雑誌にコラムを書いていた。
BBCに入り、テレビ番組のアシスタント・ディレクターとして業界入りし、1960年に監督としてデビューする。
チャールズ・ブロンソン主演の映画『ロサンゼルス』『メカニック』『チャトズ・ランド』『狼よさらば』などで知られる。
21世紀に入って以降は映画監督としての活動は少ないが、イギリスのテレビ番組や広告に出演したり、長年『サンデー・タイムズ』紙にレストランの批評を執筆していることでも知られた。
2013年1月21日、ロンドンの自宅で死去した。
77歳没。
主な監督作品 明日に賭ける I'll Never Forget What's'is

Michael Winner 監督、脚本家、プロデューサー、タレント、コラムニスト 1935年10月30日、イギリス/イングランド/ロンドン生まれ (引用元 Hatena Keyword)

「マイケル・ウィナー」と関連する人物(故人)