芸能人・経営者のおくやみ情報

千石規子 氏(せんごくのりこ)

女優[日本]

2012年 12月27日 死去老衰享年91歳

千石 規子(せんごく のりこ、本名;森 礼子、旧姓;酒井、1922年4月29日 - 2012年12月27日)は、日本の女優。
2012年に没するまで東宝芸能に所属していた。
人物・来歴 東京府荏原郡駒沢村(現東京都世田谷区駒沢)出身。
駒沢小学校を卒業後、ムーランルージュ(水谷八重子一座)を経て、1947年に東宝に入社し映画デビュー。
戦時中には広島原爆で全滅した移動劇団桜隊に所属していたが、出産で広島にいなかったため被爆を免れた。
1954年頃から数年間東映に移籍していたが、後に東宝に戻った。
黒澤明作品に最も多く出演している女優でもあり、『野良犬』ではリメイク版(1973年)にも出演した。
80歳を超えても名脇役として活躍、時折バラエティ番組にも出演し、女優の深浦加奈子(2008年に死去)は、尊敬し目標とする女優に千石の名を挙げる程、活発に活動していたが、2012年12月27日、老衰のために東京都内の病院にて永眠。

黒沢明監督の映画やテレビドラマなどで印象的な脇役として活躍した女優の千石規子(せんごく・のりこ、本名・森礼子=もり・れいこ)さんが昨年12月27日午後3時34分、老衰のため東京都内の病院で死去した。90歳だった。東京都出身。葬儀は親族で済ませた。 大衆劇場「ムーラン・ルージュ」などを経て、1947年東宝入社。同年公開の「女優」で映画デビューし、「野良犬」「七人の侍」などの黒沢作品をはじめ数多くの映画に出演。NHKの連続テレビ小説「雲のじゅうたん」や「たけしくん、ハイ!」シリーズ、TBS系「3年B組金八先生」、フジテレビ系「Dr.コトー診療所」などのドラマで脇役として親しまれた。 

女優。 1922年4月29日、東京都出身。 東宝芸能所属。 黒沢映画や多くのドラマで演技派の脇役として活躍。 2012年12月27日、老衰により死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「千石規子」と関連する人物(故人)