芸能人・経営者のおくやみ情報

趙成珉 氏

プロ野球選手、指導者[韓国]

2013年 1月6日 死去自殺享年41歳

『趙成ミン』より : 趙 成珉(チョ・ソンミン、1973年4月5日 - 2013年1月6日)は、韓国のプロ野球選手(投手)、野球指導者。
ソウル特別市出身。
名前は「趙成民」とも表記。
韓国アマ球界のエースとして活躍し、1996年に異例の8年契約で読売ジャイアンツへ入団。
2年目の1997年後半から一軍に昇格。
速球とスライダーを武器に抑えとして活躍し、あこがれの宣銅烈とも投げ合うなど徐々に頭角を現す。
1998年は先発に転向し開幕からローテーションの一角に入り、好投しても負ける不運等があったが前半だけで6完投3完封で7勝を挙げエースの座を掴みかけたが、この年のオールスターゲームの登板で右ひじを故障。
その後一軍登板できずシーズンを終えた。
この怪我以降一転して不運なプロ野球人生を辿る。
以降は右肘の手術とリハビリなどで、大きな活躍は見せられなくなる。
2000年、韓国の人気女優チェ・ジンシル(崔真実)と結婚。
2002年5月のヤクルト戦で約2年ぶりの先発勝利をあげたが、その年のオフ、契約を1年残しながら自主的に退団。