芸能人・経営者のおくやみ情報

ディーナ・マンフレディーニ 氏

世界最高齢者[イタリア→アメリカ]

2012年 12月17日 死去享年115歳

ディーナ・マンフレディーニ(Dina Manfredini、1897年4月4日 - 2012年12月17日)は、イタリア系アメリカ人の長寿の人物。
2012年12月4日のベシー・クーパーの死後、世界最高齢であった人物。
ディナ・マンフレディニとも記載される。
イタリア在住の人物としてはマリア・レダエリ=グラノーラが最長寿だったが、イタリア国外に在住しているイタリア人も含めると、最長寿はマンフレディーニであった。
2011年12月13日にはこれまでのイタリア人の中で最長寿となった。
イタリア王国のエミリア=ロマーニャ州ピエヴェペーラゴにて生を受け、1920年に夫のリッカルド・マンフレディーニと共にアメリカ合衆国アイオワ州のデモインに移り住んだ。
夫妻は4人の子供をもうけ、そのうち3人はマンフレディーニの死去時もなお生存していた。
第二次世界大戦中には弾薬の工場で働き、90歳の頃まで自宅の掃除は自分で行なっていた。
しかし彼女は周辺には自分の年齢を誤魔化していたため、誰も彼女が働くのに年を取り過ぎているとは思わなかった。