芸能人・経営者のおくやみ情報

川島広守 氏

政治家プロ野球元コミッショナー、元内閣官房副長官、元鉄建公団総裁[日本]

2012年 12月9日 死去享年91歳

『川島廣守』より : 川島 廣守(かわしま ひろもり、1922年2月27日 - 2012年12月9日)は、日本の官僚、第10代プロ野球コミッショナー、第2代本田財団理事長。
来歴・人物 福島県会津若松市出身。
会津中学を経て、中央大学法学部入学。
在学中に高等文官試験に合格。
中大卒業後、内務省入省。
海軍主計大尉としてインドネシア・サバン島にて終戦を迎えた。
戦後は警察庁で警視庁公安部長・警察庁警備局長などを歴任。
出向にて内閣調査室長、内閣官房副長官(事務方)等の要職を歴任。
内閣官房副長官時代には、いわゆる「三公社五現業」へのストライキ権について検討する「公共企業体等関係閣僚協議会」の事務局長となり、諮問機関として学識経験者等からなる「専門委員懇談会」を組織した。
条件付きスト権付与の考えを抱いていた三木武夫首相に対し、この問題を労働問題よりは政治問題と見ていた川島は付与に批判的だった。
川島は自由民主党内の動向も見て、専門委員懇談会を「三公社五現業の経営形態を不問としたままのスト権付与は認めるべきではない」とする答申を出す方向へと導き、スト権ストに直面した三木がスト権付与を拒否する端緒を作った。

プロ野球の元コミッショナーでセ・リーグ会長も務めた川島広守(かわしま・ひろもり=元内閣官房副長官、元鉄建公団総裁)氏が9日午後、東京都内の病院で死去していたことが11日、分かった。90歳だった。 福島県会津若松市出身。中大卒。1942年に内務省に入り、71年内閣調査室長。73年に田中角栄内閣の官房副長官を務め、79年鉄建公団総裁。職員の「カラ出張」問題で引責辞任した。 84年にプロ野球セ・リーグの会長となり、98年には吉国一郎氏の後を受けてコミッショナーに就任した。アマチュア球界との関係修復に努め、条件付きながらプロ野球経験者が社会人でプレーできるようにするなど、球界の発展に尽力。2004年勇退。06年に野球殿堂入りした。今年6月まで内外情勢調査会理事を務めた。