芸能人・経営者のおくやみ情報

二宮尊徳(にのみやそんとく)

農政家[日本]

(通称・金治郎、安政3年10月20日歿)

1856年 11月17日 死去享年70歳

二宮尊徳 - ウィキペディアより引用

二宮 尊徳(にのみや たかのり)は、江戸時代後期の経世家、農政家、思想家である。
通称は金治郎(きんじろう)であるが、一般には「金次郎」と表記されてしまうことが多い。
また、諱の「尊徳」は正確には「たかのり」と訓むが、有職読みで「そんとく」と訓まれることが多い。
経世済民を目指して報徳思想を唱え、報徳仕法と呼ばれる農村復興政策を指導した。
生涯 相模国足柄上郡栢山村(現在の神奈川県小田原市栢山(かやま))に、百姓二宮利右衛門の長男として生まれる。
母は曽我別所村・川久保太兵衛の娘・好(よし)。
尊徳の弟には二宮三郎左衛門の養子・友吉(常五郎)と富治郎がいる。
尊徳は、まず堀之内村の中島弥三右衛門の娘・きの(キノ)を妻とするが、離縁。
次いで20歳若いが貞淑温良な飯泉村の岡田峯右衛門の娘・なみ(波子)を娶った。
後者は賢夫人と称される。
子息は、きのとの間に長男の徳太郎がいたが夭折しており、なみとの間に、嫡男の尊行(弥太郎)、長女ふみ(富田高慶室)がいる。
当時の栢山村は小田原藩領であった。
父利右衛門は、養父銀右衛門から13石の田畑と邸を受け継いでおり、当初は豊かだったが散財を重ねていた。

にのみやそんとく [生]天明7(1787).7.23.相模,栢山[没]安政3(1856).10.20.下野江戸時代末期の農民思想家。通称,金次郎。14歳のとき父を,16歳のとき母を失い,田畑は酒匂(さかわ)川の洪水によって流失して伯父の家に寄食。苦学して一家を再興し,田畑約4町歩をもつ地主となった。文政1(1818)年旧主小田原藩家老服部家の家政改革を託され,その手腕を認められて小田原城主大久保忠真から模範篤農家として表彰された。さらに小田原藩領下野桜町,駿河,相模,伊豆の3国,常陸国真壁,芳賀両郡,幕府の日光神領90ヵ村などの復興に従事。天保13(42)年御普請役格に任じられたが,安政3(56)年日光神領の復旧に参与中,病死。弟子富田高慶述の『報徳記』,弟子福住正兄筆記の『二宮翁夜話』がある。(→報徳思想) (引用元 コトバンク)