芸能人・経営者のおくやみ情報

服部良一 氏(はっとりりょういち)

作曲家[日本]

1993年 1月30日 死去呼吸不全享年87歳

服部良一 - ウィキペディアより引用

服部 良一(はっとり りょういち、1907年10月1日 - 1993年1月30日)は、日本の作曲家、編曲家。
また作詞家として村雨 まさを(むらさめ まさお)の名がある。
大阪府大阪市東住吉区(現・平野区)出身。
天王寺区出生。
ジャズで音楽感性を磨いた和製ポップス史における重要な音楽家の一人である。
生い立ちから上京まで 1907年(明治40年)10月1日、服部良一は大阪市天王寺区玉造で出生。
土人形師の父久吉と母スエの間に生まれた。
芸事好きの家族の影響で郷土の民謡である江州音頭や河内音頭を子守唄代わりに育つ。
小学生のころから音楽の才能を発揮したが、学校を卒業後は商人になるためと、昼は働き夜は大阪市立実践商業学校に通うという日々を送る。
しかしそんな日々に嫌気のさした良一は姉の勧めで、好きな音楽をやりながら給金がもらえる千日前の出雲屋少年音楽隊に一番の成績で入隊する。
しかしその2年後に、第一次大戦後の不景気もあって音楽隊は解散してしまう。
なお、当初はオーボエを担当したが、粗悪な楽器で満足に音が出ず、サックスとフルートに転向してから著しく進歩を見せたと、後に述懐している。

はっとりりょういち [生]1907.10.1.大阪[没]1993.1.30.東京作曲家。大阪市立実践商業に通いながら少年音楽隊に入隊。卒業後,のちのNHK大阪放送局が結成した大阪フィルハーモニック・オーケストラに入団,かたわら,ロシア人指揮者のエマヌエル・メッテルの指導を受ける。1933年上京し,ジャズの編曲で注目され,36年コロムビアレコードに専属作曲家として入社。37年に作曲し,淡谷のり子が歌った『別れのブルース』が大ヒット。その後も『湖畔の宿』(高峰三枝子),『蘇州夜曲』(霧島昇,渡辺はま子)などで人気作曲家となる。第2次世界大戦後は46年,榎本健一が率いる一座の『踊る竜宮城』の音楽担当として音楽活動を再開。48年『東京ブギウギ』(笠置シヅ子),49年『青い山脈』(藤山一郎)とたて続けにヒットをとばし,日本ポップス音楽界の草分けとしての地位を築いた。58年には,日本作曲家協会理事長として初のディスク・グランプリ「日本レコード大賞」を設立した。生涯を通じて3000曲以上の作品を残した。没後,国民栄誉賞が贈られた。 (引用元 コトバンク)