芸能人・経営者のおくやみ情報

ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ 氏

現代音楽作曲家[ドイツ]

2012年 10月27日 死去享年87歳

ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ - ウィキペディアより引用

ファイル:Bundesarchiv B 145 Bild-F008277-0008, Köln, Schloss Brühl, Meisterkurse Musik.jpg thumb ヘンツェ(1960年、ケルンにて)
ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ(Hans Werner Henze, 1926年7月1日 - )は、ドイツの作曲家。

1926年、ノルトライン=ヴェストファーレン州のギュータースローで生まれた。
ハイデルベルクの音楽大学で教会音楽を勉強する前からオペラ劇場で伴奏ピアニストを勤める。
ヘンツェは同性愛者であり、ルイジ・ノーノ ノーノと同じく左翼思想の影響を強く受け、また、新左翼の活動に接近した時期もあるため、政治音楽も作品リストにある。
1953年に同性愛に対して不寛容であったドイツから中央イタリアのモンテプルチアーノへ移住している。
音楽は最初は十二音技法などを使ったものはあるが、主として保守系と革新系の中間の様式で作曲してい無調であるが古典的なメロディー・リズム・オスティナートなどが常に見られる。
現在10曲の交響曲があるが、第一交響曲から頭角をあらわし、当時はカールハインツ・シュトックハウゼン シュトックハウゼンと並んでドイツでもっとも才能のある若手に列され、以来多数の芸術賞や音楽賞・名誉博士号など名誉ある地位などを独占してきた。
一時はケルン音楽大学で月に二回通う客員教授として現代音楽劇なども教えていた。
現在オペラ作品は約20曲余りあるが、専門家の評価が高いのはシュヴェチンゲン音楽祭で初演された「イギリスの猫」といわれる。
しかし上演の頻度が多いのは音楽大学学生用の「若い恋人たちへのエレジー」やフル・オペラの「バッサリーデン」である。
作品はその他協奏曲や合唱曲・吹奏楽など規模の大きい編成のものが多い。
近年高齢のためオペラの創作は引退したと本人はテレビのインタビューに答えている。< ……

  • 題名
    音楽と創造
    著者
    ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ
    発売元
    音楽之友社
    ページ数
    204ページ
    発売日
    1983-01
    新品価格
    中古商品
    ¥ 520 より

「ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ」と関連する人物(故人)