芸能人・経営者のおくやみ情報

フリードリヒ・フォン・シラーJohann Christoph Friedrich von Schiller

詩人、劇作家[ドイツ]

1805年 5月9日 死去享年47歳

フリードリヒ・フォン・シラー - ウィキペディアより引用

ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラー(ドイツ語:Johann Christoph Friedrich von Schiller、1759年11月10日 - 1805年5月9日)は、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。
ゲーテと並ぶドイツ古典主義(Weimarer Klassik)の代表者である(初期の劇作品群はシュトゥルム・ウント・ドラング期に分類される)。
独自の哲学と美学に裏打ちされた理想主義、英雄主義、そして自由を求める不屈の精神が、彼の作品の根底に流れるテーマである。
青年時代には肉体的自由を、晩年には精神的自由をテーマとした。
彼の求めた「自由」はドイツ国民の精神生活に大きな影響を与えた。
劇作家として有名だが、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の原詞で最もよく知られるように、詩人としても有名。
彼の書く詩は非常に精緻でありかつ優美であるといわれ、「ドイツ詩の手本」として今なおドイツの教育機関で教科書に掲載され、生徒らによって暗誦されている。

ヨハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラー(Johann Christoph Friedrich von Schiller) ドイツの歴史家、劇作家、詩人。1759年、生まれ。1805年、死去。 ヴュルテンベルク侯国のマルバッハ生まれ。オイゲン侯の命により陸軍士官学校に入り、シュトゥットガルトで軍医となった。この時期に疾風怒濤期の詩や劇を書き始める。 処女作『群盗』(1781)はその革命的アピールのためたちまち成功作となるが、領主の逆鱗に触れ、医学書以外の執筆を禁じられる。その後はドレスデンに移り住み、詩「歓喜に寄す」*1などを書くが、1788年にイエナ大学の歴史学教授として迎えられる。 晩年の十年間は三部作『ヴァレンシュタイン』(1796-99)、『マリア・シュトゥアルダ』(1800)*2、『ヴィルヘルム・テル』(1804)*3など非常に多くの作品を書いた。また、ゲーテとの親交でも知られている。 その他、劇作品に『フィエスコの叛乱』(1784)、『たくみと恋』(1784)、『ドン・カルロス』(1787)、『オルレアンの少女』(1801)、『メッシーナの花嫁』(1803)、評論に『オランダ独立史』(1788)、『三十年戦争史』(1790)、『美と芸術の理論』(1793)、『素朴文学と情感文学について』(1795-96)など。 *1:ベートーヴェンの第九交響曲で曲がつけられたことで有名 *2:ドニゼッティの同名歌劇の原作 *3:ロッシーニの同名歌劇の原作 (引用元 Hatena Keyword)