芸能人・経営者のおくやみ情報

マルティン・ルターMartin Luther

神学者、聖職者[ドイツ]

(ユリウス暦) 1546年 2月18日 死去享年64歳

マルティン・ルター - ウィキペディアより引用

マルティン・ルター(Martin Luther、1483年11月10日 - 1546年2月18日)は、宗教改革の創始者。
聖アウグスチノ修道会に属するドイツ人神学教授として、ルターは「人の姿となられた神の言葉としてのイエス・キリストにのみ従う」ことによって、信仰と思想において宗教改革という転換をもたらした。
キリスト教会の分裂(シスマ)はルターの本来の意図ではなかったが、彼の影響下で福音主義教会(ルター派教会)とアウクスブルク信仰告白が形成された。
功績 宗教改革の中心人物となったことでプロテスタント教会の源流をつくった。
聖書をキリスト教の唯一の源泉にしようというルターの呼びかけはプロテスタント諸教会のみならず、対抗改革を呼び起こしたという意味でカトリック教会にも大きな影響を与えた。
宗教上の足跡のみならず、ヨーロッパ文化、思想にも大きな足跡を残した。
たとえばルターの手によるドイツ語聖書が、近代ドイツ語の成立において重要な役割を果たしたことや、自ら賛美歌をつくったことなどが挙げられる。

Luther,Martin (1483-1546) 16世紀ドイツの宗教改革者。 1483年11月10日、ドイツのアイスレーベンに生まれる。エアフルト大学で法学を学ぶ。落雷体験をきっかけに、アウグスチノ隠修士会修道士となり、1512年神学博士。1513年からヴィッテンベルク大学神学部教授となり、聖書注解の講義を開始。 1517年10月、「95ヶ条の提題」を公開し、ローマ・カトリック教会の信仰改革運動を始めるが、当時のカトリック教権者たちはルターの主張を受け入れない。1521年に破門される。 1534年に、聖書全巻のドイツ語訳を完成し出版。統一ドイツ語の形成に寄与した。神学思想としては、救いは人間の行いによらず、信仰のみによるという「信仰義認論」を唱えて、カトリック教会の聖職位階制度、修道制を否定。宗教改革運動の立役者となった。 (引用元 Hatena Keyword)

「マルティン・ルター」と関連する人物(故人)