芸能人・経営者のおくやみ情報

フェーリクス・ザルテンFelix Salten

作家[オーストリア]

1945年 10月8日 死去享年77歳

フェーリクス・ザルテン - ウィキペディアより引用

フェーリックス・ザルテン(Felix Salten、1869年9月6日 - 1945年10月8日)はハンガリー出身のオーストリアのジャーナリスト・小説家。
英語ではソールテンとも。
ユダヤ教徒のジークムント・ザルツマン(Siegmund Salzmann)としてブダペシュトに生まれた。
3歳のとき家族はウィーンに移住する。
オーストリア政府が1867年にユダヤ教徒の市民権をキリスト教徒と同権まで引き上げたため、19世紀後期には各地のユダヤ人がウィーンに移住していた(世紀末ウィーン)。
1938年以降はナチスによるユダヤ系市民の迫害を逃れ、アメリカに亡命、1945年ナチスの敗北とともにスイスに戻り、チューリッヒで死去した。
小説 Olga Frohgemuth (1910年) Der Hund von Florenz (1923年) ディズニー映画『ボクはむく犬』(1959年)の原作 「バンビ」 Bambi, A Life in the Woods / Bambi, ein Leben im Walde (1926年) Martin Overbeck (1927年) Animal Novels: 15 Rabbits (1929年) 「白馬フローリアン」Florian the Emperor's Horse (1933年) Djibi, the Little Cat (1945年) ヨゼフィーネ・ムッツェンバッハー (Josefine Mutzenbacher. Die Geschichte einer Wienerischen Dirne. Von ihr selbst erzählt) の作者ともされている。