芸能人・経営者のおくやみ情報

石井桃子 氏(いしいももこ)

児童文学作家翻訳家[日本]

2008年 4月2日 死去老衰享年102歳

石井 桃子(いしい ももこ、1907年3月10日 - 2008年4月2日)は、日本の児童文学作家・翻訳家。
数々の欧米の児童文学の翻訳を手がける一方、絵本や児童文学作品の創作も行い、日本の児童文学普及に貢献した。
日本芸術院会員。
来歴・人物 埼玉県北足立郡浦和町(後の浦和市、現:さいたま市)常盤に兄1人姉4人のきょうだいの末っ子として生まれる。
生家は旧中山道沿いで金物店を営む旧家。
父は小学校教師を経て友人と銀行を興し、浦和商業銀行の支配人をつとめていた。
1913年4月、埼玉県立女子師範附属小学校(現在の埼玉大学教育学部附属小学校)入学。
当時としては珍しい学級文庫で巖谷小波の『世界お伽噺』などを楽しむ。
1919年3月、同校卒業。
同年4月、埼玉県立浦和高等女学校(現在の埼玉県立浦和第一女子高等学校)入学。
1923年3月、同校卒業。
1924年4月、日本女子大学校(現日本女子大学)入学。
在学中から、菊池寛のもとで外国の雑誌や原書を読んでまとめるアルバイトをする。
1928年3月、同英文学科卒業。
1929年12月から1933年12月まで文藝春秋社に勤め、永井龍男のもとで『婦人サロン』『モダン日本』などを編集。

児童文学作家、翻訳家、小説家、編集者。 1907年3月10日、埼玉県浦和生まれ。日本女子大英文科卒。 1958年より自宅の一角に「かつら文庫」を開設。ここでの活動をまとめた「子どもの図書館」を出版し、日本における家庭文庫普及のきっかけとなる。 ノンちゃん雲にのる 1951年 第一回文部大臣賞受賞 幻の朱い実 第46回(平成06年度)読売文学賞受賞 ミルン自伝 今からでは遅すぎる 第41回日本翻訳出版文化賞 翻訳特別賞 2008年4月2日、101歳で死去。 (引用元 Hatena Keyword)