芸能人・経営者のおくやみ情報

今川氏真(いまがわうじざね)

戦国大名[日本]

(慶長19年12月28日没)

1615年 1月27日 死去享年77歳

今川氏真 - ウィキペディアより引用

今川 氏真(いまがわ うじざね)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、戦国大名、文化人。
今川氏10代当主。
父・今川義元が桶狭間の戦いで織田信長によって討たれ、その後、今川家の当主を継ぐが武田信玄と徳川家康による駿河侵攻を受けて敗れ、戦国大名としての今川家は滅亡した。
その後は後北条氏を頼り、最終的には徳川家康の庇護を受けた。
今川家は江戸幕府の下で高家として家名を残し、米沢藩上杉氏にその血筋を伝えた。
生涯 家督相続 天文7年(1538年)、義元と定恵院(武田信虎の娘)との間に嫡子として生まれる。
天文23年(1554年)、北条氏康の長女・早川殿と結婚し、甲相駿三国同盟が成立した。
弘治2年(1556年)から翌年にかけて駿河国を訪問した山科言継の日記『言継卿記』には、青年期の氏真も登場している。
言継は、弘治3年(1557年)正月に氏真が自邸で開いた和歌始に出席したり、氏真に書や鞠を送ったりしたことを記録している。
氏真は永禄元年(1558年)より駿河や遠江国に文書を発給しており、この前後に義元から氏真に家督が譲られたとするのが、研究上の主流の見解である(#研究)。

いまがわうじざね [生]天文7(1538)[没]慶長19(1614).12.28.江戸駿河の戦国大名。義元(→今川義元)の子。通称五郎。号は宗ぎん(そうぎん)。天文23(1554)年,今川義元,武田信玄,北条氏康の間で同盟成り,氏康の娘が氏真の妻となった。永禄3(60)年5月,義元が桶狭間の戦いで敗死した跡を継ぎ,駿河,遠江,三河を領有した。同5年,上総介。暗愚であったため,同家に寄食していた信玄の父信虎は,氏真の家臣瀬名,葛山,朝比奈らとともに,氏真を退けようとしたが,かえって駿河から追放された。氏真は同7年,徳川家康と戦って,三河を失った。同10年,信玄は父信虎からすすめられて兵を駿河由比に出した。氏真は部将鹿原安房守に命じて,薩埵峠(さったとうげ)にこれを防いだが利なく,家臣が信玄に内応したため,続いて氏真の全軍も破られ,まもなく府中も落されて,遠江掛川城に逃れ,朝比奈泰能を頼った。信玄の駿河侵入とほぼ時を同じくして,徳川家康は遠江攻略に着手し,同12年正月,氏真の掛川城を包囲した。5月に徳川,北条の和が成り,氏真は掛川から北条支配下の伊豆戸倉に移された。のち氏真は北条氏政と不和になり,逃れて家康を頼った。天正10(82)年3月,駿府は武田氏を滅ぼした信長の手によって家康に加封された。氏真は蹴鞠をよくし,のち京都へおもむき豊臣秀吉に扶持され,のち出家したが,次いで家康に仕え,子孫は江戸幕府の高家となって,品川氏を称した。法号は仙巌院豊山宗ぎん。 (引用元 コトバンク)