芸能人・経営者のおくやみ情報

荒木又右衛門(あらきまたえもん)

剣客[日本]

(寛永15年8月28日没)

1638年 10月5日 死去享年39歳

荒木又右衛門 - ウィキペディアより引用

荒木 又右衛門(あらき またえもん、慶長4年(1599年) - 寛永15年8月28日(1638年10月5日))は、江戸時代初期の武士、剣客。
名は保知(やすとも)、保和とも。
鍵屋の辻の決闘での活躍で名高い。
生涯 仇討ち事件までの経歴 慶長4年(3年説もある)、服部平左衛門の次男として伊賀服部郷荒木村で誕生。
幼名を丑之助、あるいは巳之助ともいうが、これらは俗伝であり、正しい幼名は不明。
父・平左衛門は、藤堂高虎に仕えたが、淡路で浪人した後、備前岡山藩の池田忠雄に召し抱えられた。
平左衛門には渡辺数馬(内蔵助)という同僚がいた。
この内蔵助の子に、みの(女)、数馬(二代目)、源太夫があり、のちに又右衛門はみのを嫁に迎え、二代目数馬らとは義兄弟の縁となる。
又右衛門は、兄・弥五助が池田家に仕えたこともあり、12歳のときに本多政朝の家臣・服部平兵衛の養子となった。
しかし、元和8年(1622年)、本多家が姫路城主となったあと、28歳ごろに養家を離れて浪人し、生まれ故郷の伊賀に帰っている。

  • 題名
    剣聖・荒木又右衛門 [VHS]
    監督
    仁科能彦
    出演俳優
      発売元
      アポロン
      発売日
      1991年5月24日
      新品価格
      より
      中古商品
      ¥ 1,846 より