芸能人・経営者のおくやみ情報

福岡正信 氏

農業研究者[日本]

2008年 8月16日 死去老衰享年95歳

福岡正信 - ウィキペディアより引用

福岡 正信(ふくおか まさのぶ、1913年2月2日 - 2008年8月16日)は自然農法の提唱者。
アジアやアフリカなど国家予算をつけて農法を学ぶ国もあるが日本ではマイナーとされる。
愛媛県伊予郡南山崎村(現伊予市)に生まれる。
旧制松山中学校、岐阜高等農林学校(現岐阜大学応用生物科学部)卒。
若い頃は横浜税関の植物検査科に所属し研究に没頭していたが、急性肺炎にかかり死に直面すると、「この世には何もない」と悟り、仕事をやめ地元に戻り農業を始めた。
「やらなくてもいい」ことを探しながら、つまり科学農法を否定するために多くの失敗を重ね、自然農法を確立していった。
著作の序文では、不耕起(耕さない)、無肥料、無農薬、無除草を特徴とする自然農法を行うとしているが、著作中には肥料と農薬(除草剤、除虫剤)の使用について記述がある。
米麦連続不耕起直播は、稲を刈る前にクローバーの種を蒔き、裸麦の種の粘土団子を蒔き、稲を刈ったら稲わらを振りまく。
麦を刈る前に稲籾の粘土団子を蒔き、麦を刈ったら麦わらを振りまくという栽培技術である。

  • 題名
    午後のレフュージー
    歌手
    小室等
    発売元
    フォーライフ ミュージックエンタテイメント
    演奏時間
    42分
    発売日
    1991年5月20日
    新品価格
    ¥ 3,146
    中古商品
    ¥ 975 より

 自然農法家。1913年愛媛県生まれ。横浜の検疫所で働いていたとき、山下公園をそぞろ歩きしていた際、「人間は、実はなにもしていない!」と悟り、それを実証するべく職を辞して帰農する。彼の農法の特徴は、不耕起、無除草、無肥料、無農薬を実践することにある。人為を排除した農法である。その発想から一部で「現代の老子」とも評される。アジアのノーベル賞とされるマグサイサイ賞受賞。  著作としては「自然農法・わら一本の革命」「自然に還る」などがある。2008年8月16日、老衰で逝去。95歳。 (引用元 Hatena Keyword)

「福岡正信」と関連する人物(故人)