芸能人・経営者のおくやみ情報

和田英作 氏

画家[日本]

1959年 1月3日 死去享年84歳

和田英作 - ウィキペディアより引用

和田 英作(わだ えいさく、1874年12月23日 - 1959年1月3日)は日本の洋画家。
父は和田秀豊、弟は和田秀穂。
鹿児島県垂水市に和田秀豊の長男として生まれる。
田村直臣牧師の自営館に寄宿しながら鞆絵小学校、明治学院を経て、東京美術学校で学ぶ。
原田直次郎、黒田清輝らに師事する。
東京美術学校の洋画科が開設された際、助教授に就任するが、まもなく辞任し、同校4年に編入入学し、卒業。
1900年(1899年?)文部省留学生として欧州に留学。
1903年帰国し、東京美術学校教授となる。
1932年、30年以上校長を務めた正木直彦が辞任した後、東京美術学校校長に就任。
1934年12月3日帝室技芸員。
1943年文化勲章受章。
多くの後進を育てたが、画風は穏当、保守的である。
明治天皇を記念する聖徳記念絵画館のために描かれた『憲法発布式』は歴史教科書にも掲載されている。
また、慶應義塾大学図書館ステンドグラス(原画)も知られている。
脚注 関連項目 日本美術史。

画家。明治7年(一八七四)〜昭和34年(一九五九)鹿児島県肝属郡に生れ、清水市で没。 曾山幸彦、原田直次郎に学んだが、のち黒田清輝に師事した。明治30年東京美術学校を卒業、白馬会の創立に参加。同32年ドイツ、フランスに留学して、ラファエル・コランに師事。同35年帰国、東京美術学校教授。大正8年帝国美術員会員、のち帝国芸術院会員、帝室技芸員、日本芸術院会員となった。昭和7年から東京美術学校の校長をつとめた。同18年文化勲章を受章。代表作は『渡頭の夕暮』『思郷』(東京芸術大学)。 (引用元 Hatena Keyword)