芸能人・経営者のおくやみ情報

田河水泡 氏(たがわすいほう)

漫画[日本]

(本名・高見澤仲太郎)

1989年 12月12日 死去肝臓がん享年91歳

田河 水泡(たがわ すいほう、1899年(明治32年)2月10日 - 1989年(平成元年)12月12日)は、日本の漫画家、落語作家。
本名、高見澤 仲太郎(たかみざわ なかたろう)。
昭和初期の子供漫画を代表する漫画家であり、代表作『のらくろ』ではキャラクター人気が大人社会にも波及し、さまざまなキャラクターグッズが作られるなど社会現象となるほどの人気を獲得した。
生涯 幼少期~学生時代 東京府東京市本所区本所林町(現在の東京都墨田区立川)の生まれ。
出生直後に母親が亡くなり、父親が再婚するために、水泡は子供のいなかった伯父夫婦の元で育てられる。
中国画や庭いじりを愛好していた伯父の影響で、水泡も絵筆を取るようになる。
しかし、再婚した父親が数年後に亡くなり、育ての親である伯父も水泡が小学5年生の時に時に亡くなると、一転、生活に困窮するようになり、深川区立臨海尋常小学校(現・江東区立臨海小学校)を卒業後は働きに出ざるを得なくなり、薬屋の店員やメリヤス工場の少年工員として働くという「家庭にめぐまれぬ、苦労の多い、孤独な少年期」を過ごした。

たがわすいほう [生]1899.2.10.東京[没]1989.12.12.神奈川漫画家。本名,高見沢仲太郎。1925年日本美術学校図案科卒業。版画を制作し前衛美術運動にも参加したのち子供漫画へ進み,『少年倶楽部』連載の『のらくろ』(1931~41)で名を揚げた。軍国主義化の時勢を反映したこの空前の人気漫画は,軍隊に入隊した孤児の黒いのら犬を主人公としたもの。ほかに『蛸の八ちゃん』『凸凹黒兵衛』『豆象さん』などを,講談社の雑誌に連載。第2次世界大戦後の作品には『珍品のらくろ草』『チンパンジーHB』などがあるが,どの作品にも作者の落語への傾倒ぶりを示す人物のおどけた会話があり注目される。著書に『のらくろ自叙伝』(76),『滑稽の構造』(81)がある。 (引用元 コトバンク)