芸能人・経営者のおくやみ情報

稲見一良 氏

推理作家、放送作家[日本]

1994年 2月24日 死去肝臓がん享年63歳

稲見 一良(いなみ いつら、1931年1月1日 - 1994年2月24日 )は、日本の小説家、放送作家。
大阪府大阪市出身。
記録映画のマネージメントを務める傍ら、1968年文芸誌の新人賞に入選、しかし多忙のため作家活動に専念しなかった。
1985年肝臓癌の手術を受けるが全摘ができないと分かると、生きた証として小説家活動に打ち込むと周囲に宣言し、1989年『ダブルオー・バック』にて本格的に小説家デビュー。
1991年『ダック・コール』にて数々の賞を受賞し期待されるも、1994年わずか9冊を残して癌のため没した。
作品は自身の趣味であった猟銃の知識を生かしたハードボイルドな推理小説で、少年の視点・目線やニヒリズムを取り入れたものであった。
年譜 1968年 「凍土のなかから」で第3回双葉推理賞(『推理ストーリー』開催)佳作第1席を受賞。
1985年 肝臓癌の手術を受ける。
1989年 『ダブルオー・バック』にて小説家デビュー。
1991年 『ダック・コール』にて第4回山本周五郎賞、第10回日本冒険小説協会大賞最優秀短編賞を受賞。

1931年生まれ。冒険・ハードボイルド作家。初受賞の後筆を断っていたが、テレビCF・記録映画のプロデューサーを経て1989年「ダブルオー・バック」で執筆活動を開始。1994年没。小説の他エッセイ集に「帖の紐」「ガン・ロッカーのある書斎」がある。 受賞歴 1968年「凍土の中から」第3回双葉推理賞佳作第一席 1991年「ダック・コール」 第4回山本周五郎賞受賞 第10回日本冒険小説協会大賞最優秀短編賞 1994年「"その全ての愛しき名作"に対して」第13回日本冒険小説協会大賞内藤陳特別賞 (引用元 Hatena Keyword)