芸能人・経営者のおくやみ情報

松山恵子 氏

演歌歌手[日本]

2006年 5月7日 死去肝臓がん享年69歳

松山恵子 - ウィキペディアより引用

松山 恵子(まつやま けいこ、1937年4月10日 - 2006年5月7日)は、日本の演歌歌手。
本名:岡崎 恒好(おかざき つねこ)。
庶民派で知られ、「お恵ちゃん」(おけいちゃん)の愛称で幅広いファンに親しまれた。
裾の幅が広いフリフリのドレスにハンカチがトレードマーク。
所属レコード会社は日本マーキュリーレコード⇒東芝レコード。
福岡県戸畑市(福岡県北九州市戸畑区)で生まれる。
生後すぐに父の仕事の関係から東京へ引っ越すが、終戦後の食糧難のため、父の故郷の愛媛県宇和島市へ引っ越す。
中学2年生で出場した「日本コロムビア全国歌謡コンクール」で10位入賞を果たし、関係者の注目を集めた。
1954年、歌手になるため家族全員で上京しようとしたが、東京行きの資金が足りず大阪へ途中下車して、大阪府大阪市淀川区に引っ越す。
大阪エコー音楽学院の研究生となり、日本マーキュリーレコード全国歌謡コンクールで優勝。
彼女の師である大阪エコー音楽学院の西脇稔和の薦めで「雪州音頭」(作詞・小倉武良、作編曲・西脇稔和)を岡崎景子の芸名で日本マーキュリーレコードで初吹き込み、第1号を発売する。

  • 題名
    完全保存盤 松山恵子 名曲集
    歌手
    松山恵子
    発売元
    EMI Records Japan
    演奏時間
    58分
    発売日
    2013年7月24日
    新品価格
    ¥ 2,551
    中古商品
    ¥ 8,900 より
  • 題名
    ゴールデン☆ベスト 松山恵子
    歌手
    松山恵子
    発売元
    ユニバーサル ミュージック
    演奏時間
    60分
    発売日
    2017年5月24日
    新品価格
    ¥ 1,978
    中古商品
  • 題名
    青春歌年鑑「演歌 歌謡編」1950年代ベスト
    歌手
    オムニバス
    発売元
    キングレコード
    演奏時間
    67分
    発売日
    2004年11月03日
    新品価格
    ¥ 1,629
    中古商品
    ¥ 938 より
  • 題名
    松山恵子 名曲集
    歌手
    松山恵子
    発売元
    EMIミュージック・ジャパン
    演奏時間
    36分
    発売日
    2008年11月12日
    新品価格
    ¥ 1,184
    中古商品
    ¥ 1,300 より
  • 題名
    松山恵子 BSCD-0043
    歌手
    松山恵子
    発売元
    EMIミュージックジャパン
    演奏時間
    発売日
    2018年1月01日
    新品価格
    ¥ 1,506
    中古商品
    ¥ 919 より
  • 題名
    松山恵子 全曲集
    歌手
    松山恵子
    発売元
    EMIミュージック・ジャパン
    演奏時間
    63分
    発売日
    2005年9月28日
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1,180 より
  • 題名
    永遠の昭和歌謡 CD2枚組 2MK-008
    歌手
    発売元
    キープ株式会社
    演奏時間
    発売日
    2011年11月10日
    新品価格
    ¥ 1,486
    中古商品
    ¥ 1,300 より
  • 題名
    松山恵子 未練の波止場 HRCD-005
    歌手
    松山恵子
    発売元
    株式会社EMIミュージック・ジャパン
    演奏時間
    発売日
    2008年9月01日
    新品価格
    ¥ 914
    中古商品
    ¥ 755 より
  • 題名
    動物たちのかわいい表現
    歌手
    教材(ダンス)
    発売元
    EMIミュージック・ジャパン
    演奏時間
    40分
    発売日
    1996年8月07日
    新品価格
    中古商品
    ¥ 9,800 より
  • 題名
    心にのこるベストヒット 松山恵子
    歌手
    松山恵子
    発売元
    東芝
    演奏時間
    発売日
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1,313 より

演歌歌手。愛媛県出身。「未練の波止場」などのヒットで知られる。2006年5月7日肝臓がんのため死去。69歳。 中学2年で歌唱コンクールに入賞したのを機に1954年日本マーキュリーレコードより「マドロス娘」でデビュー。 「未練の波止場」のほか「お別れ公衆電話」などがヒット。NHK紅白歌合戦に8回出演した。 庶民派歌手として「お恵ちゃん」のニックネームで親しまれ、ヒット曲「だから云ったじゃないの」(57年)の歌詞に登場する「あんた泣いてんのね」は当時流行語になった。 (引用元 Hatena Keyword)

「松山恵子」と関連する人物(故人)