芸能人・経営者のおくやみ情報

天野勝 氏

プロゴルファー[日本]

2006年 7月28日 死去肝臓がん享年63歳

天野 勝(あまの まさる、1942年8月9日 - 2006年7月28日)は、日本のプロゴルファー。
大学卒業後、東京で就職。
実業団の卓球の選手だったが、将来への不安から25歳で会社を辞め、何か他のスポーツをやろう、と考えていた時たまたまゴルフと出会う。
始めた動機は「卓球のボールより大きい(1973年までスモールボールが公認球)更に止まっているボールをなぜみんなうまく打てないんだろう」と思ったのがきっかけ。
世田谷区八幡山のゴルフ練習場で働きながらゴルフに打ち込む。
独学で練習を重ね1972年、4回目のプロテスト挑戦に29歳で合格。
その後陳清波に師事、1978年ゴルフダイジェストトーナメントで初優勝。
ツアー計3勝を挙げる。
1992年50歳でシニア戦(PGAシニアツアー)にデビュー、デビュー戦で優勝するなど開幕6試合で4勝の計7勝を挙げシニア賞金王に輝いた。
しかしバブル崩壊のため、3年で試合数が半分の13試合に減る。
1995年、やむなくアメリカに渡りUSシニアツアーの「クオリファイイング・スクール」(Q-School)を受験しトップ合格、以降3年間USシニアツアーに本格参戦した(最高位4位)。