芸能人・経営者のおくやみ情報

秋田雨雀 氏

作家詩人、童話作家[日本]

1962年 5月12日 死去享年79歳

秋田雨雀 - ウィキペディアより引用

秋田 雨雀(あきた うじゃく、1883年(明治16年)1月30日 - 1962年(昭和37年)5月12日)は、日本の劇作家・詩人・童話作家・小説家である。
本名は徳三(とくぞう)。
産科医である父玄庵(全盲であった)と、母まつの長男として青森県南津軽郡黒石町(現黒石市)に生まれる。
黒石尋常小学校、青森県立第一尋常中学校(青森県立弘前高等学校の前身)を経て東京専門学校(早稲田大学の前身校)英文科に入学する。
1908年、恩師の島村抱月の推薦により、『早稲田文学』6月号に小説「同性の恋」を発表。
小説、劇作、詩、童話、評論、翻訳と幅広く活躍し、島村抱月主宰の劇団・芸術座の運営にも参加した。
1915年、来日したワシーリー・エロシェンコと親交を結んでエスペラントを学び、彼と島村ら文化人との親交を取り持った。
1921年には小坂狷二と共にエスペラント教本『模範エスペラント独習』を出版。
1931年、日本プロレタリアエスペランチスト同盟(JPEU)の結成に参加した。
1947年、第1回参議院議員通常選挙に日本社会党公認で青森地方区から立候補したが落選している。

1883年〜1962年 青森県生まれ。詩人、劇作家、児童文学者、社会運動家。 (引用元 Hatena Keyword)