芸能人・経営者のおくやみ情報

武井保雄 氏

武富士創業者[日本]

2006年 8月10日 死去肝不全享年76歳

武井 保雄(たけい やすお、1930年(昭和5年)1月4日 - 2006年(平成18年)8月10日)は、日本の実業家。
消費者金融・貸金業武富士の創業者、元会長。
来歴・人物 1930年、埼玉県深谷市で父・武井濱次郎、母・まさの元に生まれた。
実家は生活雑貨などを扱う小さな商店で、ほとんど母が一人で切り盛りしていた。
小学3年生の頃、父親が近所の女性と大阪に駆け落ちした。
1944年(昭和19年)に明戸国民学校の高等科を卒業すると、熊谷の大日本帝国陸軍の整備員となったが、間もなく敗戦を迎えた。
戦後は、国鉄職員として大宮駅に勤務した後、東京でビルサッシの工事を営んでいた叔父を頼って上京。
建設業、野菜の行商など職業を転々とした。
その後、公営住宅の主婦を相手に「団地金融」と呼ばれる高利貸し業を始めた。
1966年(昭和41年)に、武富士の前身である「富士商事」を板橋区蓮根に設立した。
しかし、2003年(平成15年)12月、ジャーナリスト宅盗聴事件に関与したとして電気通信事業法違反で逮捕され、武富士会長を辞任した。

消費者金融大手「武富士」の創業者 同社に批判的な雑誌記事を書いたジャーナリストの電話を盗聴したとして有罪になる 2006年8月10日肝不全のため死去 (引用元 Hatena Keyword)

「武井保雄」と関連する人物(故人)