芸能人・経営者のおくやみ情報

上田敏

詩人文学者[日本]

1916年 7月9日 死去享年43歳

上田敏 - ウィキペディアより引用

上田 敏(うえだ びん、1874年(明治7年)10月30日 - 1916年(大正5年)7月9日)は、文学者、評論家、啓蒙家、翻訳家。
多くの外国語に通じて名訳を残した。
号で、「上田柳村」とも呼ばれる。
「山のあなたの空遠く 『幸』(さひはひ)住むと人の言ふ」(カール・ブッセの「山のあなた」)や、「秋の日の ヴィオロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し」(ポール・ヴェルレーヌの「落葉」、一般には「秋の歌」)などの訳詞は、今なお、広く知られている。
また、日本に初めてジョリス=カルル・ユイスマンスを紹介したことでも知られる。
旧幕臣上田絅二(けいじ)の長男として1874年(明治7年)、東京築地に生まれる。
絅二は昌平黌教授をつとめた儒学者の乙骨耐軒の次男で、英学者で沼津兵学校教授の乙骨太郎乙は伯父(耐軒の長男)、その子で音楽評論家の乙骨三郎は従兄弟に当たる。
静岡尋常中学、私立東京英語学校、および第一高等学校を経て、1897年(明治30年)東京帝国大学英文科卒。

うえだびん [生]1874.10.30.東京[没]1916.7.9.東京詩人,評論家,英文学者。父絅二(けいじ)は幕末の儒者乙骨耐軒(おつこつたいけん)の次男。1889年第一高等学校に入学,『文学界』同人に参加,94年東京大学英文科に進み,『帝国文学』の創刊に参画,創刊号からフランス象徴詩などの海外文学の紹介を精力的に続けた。97年東大卒業。東京高等師範教授,東大講師などを歴任,かたわら『明星』や『芸文』(のち『万年艸』),『芸苑』などの雑誌に西洋文学の翻訳や芸術のあらゆる分野にわたる評論を発表,親交のあった森鴎外とともに耽美主義思潮の有力な指導理論家と目された。特にフランスの高踏詩,象徴詩の翻訳をまとめた『海潮音』は詩壇に大きな影響を与えた。1907~08年アメリカ,フランスなどを訪れ,09年京都大学教授。鴎外とともに『三田文学』『スバル』の顧問として活躍,小説『うづまき』(1910)は自己の分身である主人公を通じて,幼時の回想や人生観,芸術観を語った長編で,耽美主義理論の具体化として注目された。著書『文芸論集』(01),美文集『みをつくし』(01),訳詩集『牧羊神』(20)など。『上田敏全集』(9巻,31),『定本上田敏全集』(10巻,81)がある。 (引用元 コトバンク)