芸能人・経営者のおくやみ情報

尾崎紀世彦 氏(おざききよひこ)

歌手[日本]

(「また逢う日まで」など)

2012年 5月31日 死去がん享年70歳

尾崎 紀世彦(おざき きよひこ、1943年1月1日 - 2012年5月30日)は、日本のポピュラー歌手。
愛称は「キーヨ」。
立派なもみ上げ がトレードマークで、そのダイナミックな歌唱力から「和製トム・ジョーンズ」と称された。
来歴・人物 生い立ち 東京都渋谷区に生まれ、神奈川県茅ヶ崎市で育つ。
父:尾崎繁(芸名:藤田繁)と兄:彰彦はクラシック・バレエのダンサー・演出家、母:礼子はショーダンサー・日劇ダンシングチームの一期生である。
男三人兄弟の次男で、父方の祖父はイギリス人。
幼少の頃からラジオのFENでジャズやカントリー等に親しんでいた。
茅ヶ崎市立第一中学校卒業後、YMCA国際ホテル学校へ進学する。
趣味は小学生で始めたサーフィン、乗馬、祭りの神輿担ぎ、ハーレーの収集とツーリング、縦目メルセデス(オールドベンツ)でドライブ、ヨット、沖縄でスクーバ、射撃、銀細工、シルバーアクセサリーの収集、料理。

「また逢う日まで」などを歌った歌手の尾崎紀世彦(おざき・きよひこ)さんが5月31日午前0時、がんのため東京都内の病院で死去した。69歳だった。神奈川県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は兄彰彦(あきひこ)氏。 コーラスグループを経て1970年ソロデビュー。2枚目のシングル「また逢う日まで」が100万枚を超える大ヒットとなり、71年の日本歌謡大賞と日本レコード大賞をダブル受賞。NHK紅白歌合戦に3回出場した。ワイルドなもみあげがトレードマークで、重厚でパワフルな歌声で知られ、「キーヨ」の愛称で親しまれた。歌謡曲に加え、テレビ主題歌なども数多く歌った。代表曲に「さよならをもう一度」「ゴッドファーザー〜愛のテーマ」。映画「ハウス」などに俳優として出演した。 

【おざききよひこ】 歌手。東京都生れ。神奈川県茅ヶ崎市立第一中学校卒業。1967年に結成されたコーラスグループのザ・ワンダースのメンバーとして活躍,特撮テレビドラマ《ウルトラセブン》の主題歌の録音にも参加した。1970年に《別れの夜明け》でソロデビュー。1971年には2枚目の《また逢う日まで》(阿久悠作詞,筒美京平作曲)が100万枚を超すヒットとなり,同年の日本レコード大賞と日本歌謡大賞をダブル受賞。太いもみあげがトレードマークで,豊かな声量とダイナミックな歌声で〈和製トム・ジョーンズ〉と称された。 (引用元 コトバンク)