芸能人・経営者のおくやみ情報

水野忠徳(みずのただのり)

幕臣[日本]

(慶応4年7月9日没)

1868年 8月26日 死去享年59歳

水野忠徳 - ウィキペディアより引用

水野 忠徳(みずの ただのり、文化 (元号) 文化7年(1810年)『水野忠徳事蹟』では文化12年(1815年)4月9日 (旧暦) 4月9日生まれとする。
- 慶応4年7月9日 (旧暦) 7月9日(1868年8月26日))は、幕末の幕臣。
諏訪頼篤の子。
文政5年(1822年)に水野忠長の養嗣子となる。
初名忠篤。
号は癡雲(ちうん)。

禄高500石の旗本であったが、時の老中阿部正弘に認められ登用されはじめる。
嘉永5年(1852年)浦賀奉行を魁に、嘉永6年(1853年)長崎奉行、安政4年(1857年)田安家家老などをつとめる。
安政5年(1858年)には外国奉行に転じて日英修好通商条約・日仏修好通商条約に調印。
安政6年(1859年)には神奈川奉行も兼任するが、ロシア士官の殺害事件の責任を問われて西の丸留守居に左遷。

みずのただのり [生]文化7(1810)[没]慶応4(1868).7.9.江戸江戸時代末期の幕臣。旗本。筑後守。痴雲と号した。嘉永5(1852)年浦賀奉行を経て安政5(58)年7月外国奉行。越前藩主松平慶永に開国和親を説き,遣米使節の一人に選ばれたが果さず(→万延元年遣米使節),同6年8月辞任。文久1(61)年5月外国奉行に再任され,小笠原島領有を宣言したが,翌2年7月箱館奉行に移されて辞任。旗本グループの指導的人物で,老中小笠原長行に従い,幕府権力強化に努めた。 (引用元 コトバンク)