芸能人・経営者のおくやみ情報

明智光秀(あけちみつひで)

戦国大名[日本]

(天正10年6月13日没)

(ユリウス暦) 1582年 7月2日 死去自刃享年歳

明智光秀 - ウィキペディアより引用

明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
戦国大名・織田信長に見出されて重臣に取り立てられるが、本能寺の変を起こして信長を暗殺。
直後に中国大返しにより戻った羽柴秀吉に山崎の戦いで敗れた。
一説では、落ちていく途中、小栗栖において落ち武者狩りで殺害されたとも致命傷を受けて自害したもとされる。
これは光秀が信長を討って天下人になってからわずか13日後のことであり、その短い治世は「三日天下」とも言う。
本姓は源氏で、家系は清和源氏の摂津源氏系で、美濃源氏土岐氏支流である明智氏。
通称は十兵衛。
雅号は咲庵(しょうあん)。
のちに朝廷より惟任の姓を賜ったため惟任光秀とも言う。
妻は妻木煕子。
その間には、細川忠興室・珠(洗礼名:ガラシャ)、嫡男・光慶(十五郎)、津田信澄室がいる。
領地では善政を行ったとされ、忌日に祭事を伝える地域(光秀公正辰祭・御霊神社 (福知山市))もある。
後世、江戸時代の文楽「絵本太功記」や歌舞伎「時桔梗出世請状」をはじめ、小説・映画・テレビドラマなどでもその人物がとりあげられている。

戦国武将。あだ名は「キンカン頭」。 土岐家一門の出で、朝倉義景に仕えていたが、後に織田信長に仕えた。 配下として各方面の攻略で名を挙げていたが、1582年に羽柴秀吉の毛利家攻略に行軍する途中、突然反旗を翻し、信長が宿泊していた本能寺を襲撃し、信長を自害に追い込んだ(本能寺の変)。 しかし、急報を聞いて毛利軍と和議を結んだ秀吉軍に山崎で戦って敗れ、落ち延びる途中に襲撃にあって無念の死を遂げた。 (引用元 Hatena Keyword)