芸能人・経営者のおくやみ情報

森狙仙(もりそせん)

絵師[日本]

(文政4年7月21日没)

1821年 8月18日 死去享年75歳

森狙仙 - ウィキペディアより引用

森狙仙(もり そせん、1747年(寛延元年) - 1821年(文政4年))は日本の江戸時代後期の絵師。
狩野派や円山応挙などの影響を受けながら独自の画風を追求し、養子森徹山へと連なる森派の祖となった。
主として動物画を描き、とりわけ得意とした猿画の代表作として『秋山遊猿図』がある。
号としては祖仙、如寒斎、霊明庵も用いた。

森狙仙の生涯については残された資料が少なく、かなりの部分が不明である。

1747年(寛延元年)、森如閑斎橘如閑斎とする資料もあるが『日本美術シソーラス絵画編』に従う。
という絵師の子として生まれる。
名は守像、字は叔牙。
出生地については大阪説、西宮市 西宮説、長崎市 長崎説がある。
いずれの説をとるにせよ、大阪市 大阪を中心に活動した。
はじめ、山本如春斎について狩野派の技術を学び、如寒斎と号した。

「森狙仙」と関連する人物(故人)