芸能人・経営者のおくやみ情報

宮本武蔵(みやもとむさし)

剣術家、兵法者[日本]

(正保2年5月19日没)

1645年 6月13日 死去

宮本武蔵 - ウィキペディアより引用

宮本 武蔵(みやもと むさし、天正12年(1584年)? - 正保2年5月19日(1645年6月13日))は、江戸時代初期の剣術家、兵法家。
二刀を用いる二天一流兵法の開祖。
また、重要文化財指定の水墨画や工芸品を残している。
本姓は藤原、名字は宮本、または新免、通称は武蔵、諱は玄信(はるのぶ)である。
幼名は辨助(べんのすけ)、号は二天、また二天道楽。
著書『五輪書』の中では新免武蔵守・藤原玄信と名乗っている。
武蔵の自筆とされる有馬直純宛書状・長岡佐渡守宛書状には「宮本武蔵玄信」と記し、長岡佐渡守宛書状には「二天」の号も書いている。
熊本市弓削の墓碑は「新免武蔵居士」、養子伊織が武蔵の死後9年目に建てた『新免武蔵玄信二天居士碑』 には「播州赤松末流新免武蔵玄信二天居士」とある。
武蔵死後71年目の『本朝武芸小伝』(1716年)で「政名」なる名が紹介された。
これを引用した系図や伝記、武蔵供養塔が広く紹介されたことから諱を「政名」とする武蔵の小説や紹介書が多数あるが、二天一流門弟や小倉宮本家の史料にこの「政名」は用いられていない。

江戸時代の剣豪で、京の吉岡一門や巌流の佐々木小次郎を倒したことで有名。 父は十手の使い手・無二。 島原の乱の時馬を率いて鎮圧に従事したことが書物に記される。 細川藩に仕え、藩内の洞窟で『五輪の書』をしたためる。 生誕地には諸説あるが、そのひとつとして、智頭急行智頭線に宮本武蔵駅が置かれる。 (引用元 Hatena Keyword)