芸能人・経営者のおくやみ情報

高村光太郎 氏(たかむらこうたろう)

彫刻家詩人[日本]

1956年 4月2日 死去結核享年70歳

高村光太郎 - ウィキペディアより引用

高村 光太郎(たかむら こうたろう、1883年(明治16年)3月13日 - 1956年(昭和31年)4月2日)は、日本の詩人・彫刻家。
東京府東京市下谷区下谷西町三番地(現在の東京都台東区東上野一丁目)出身。
本名は光太郎と書いて「みつたろう」と読む。
日本を代表する彫刻家であり、画家でもあったが、今日にあって『道程』、『智恵子抄』等の詩集が著名で、教科書にも多く作品が掲載されており、日本文学史上、近現代を代表する詩人として位置づけられる。
著作には評論や随筆、短歌もある。
能書家としても知られる。
弟は鋳金家の高村豊周。
甥は写真家の高村規で、父である高村光雲等の作品鑑定も多くしている。
生涯 1883年(明治16年)に彫刻家の高村光雲の長男として生まれ、練塀小学校(現在の台東区立平成小学校)に入学。
1896年(明治29年)3月、下谷高等小学校卒業。
同年4月、共立美術学館予備科に学期の途中から入学し、翌年8月、共立美術学館予備科卒業。
1897年(明治30年)9月、東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)彫刻科に入学。

詩人・彫刻家。東京生。彫刻家高村光雲の子。東美校卒業後、欧米留学しロダンに傾倒。帰国後、詩と美術の両面にわたる活動を開始、第一詩集『道程』を刊行した。妻智恵子を亡くし、『智恵子抄』を発表した後、太平洋戦争を聖戦として戦争協力詩・愛国詩を書く。戦後、その責任意識から岩手県花巻郊外の太田村に独居自炊の生活を送り、自己裁断を行った。彫刻の代表作としては「手」「老人の首」等。山居生活を終え、十和田湖畔に建つ「裸婦像」の完成後、昭和31年(1956)歿、73才。 (引用元 コトバンク)