芸能人・経営者のおくやみ情報

西澤潤一 氏(にしざわじゅんいち)

工学者[日本]

(「ミスター半導体」と呼ばれた)

2018年 10月21日 死去享年93歳

西澤 潤一(にしざわ じゅんいち、新字体:西沢、1926年(大正15年)9月12日 - )は、日本の工学者。
上智大学特任教授。
専門は電子工学・通信工学で、半導体デバイス、半導体プロセス、光通信の開発で独創的な業績を挙げる。
東北大学総長、岩手県立大学学長、首都大学東京学長を歴任。
東北大学名誉教授、日本学士院会員。
はとこに冨田勲がいる。
宮城県仙台市出身。
西澤恭助(東北帝国大学教授)の長男として生まれる。
渡辺寧に師事し、半導体研究の黎明期から従事し数多くの成果を上げ、「ミスター半導体」とも呼ばれる。
しかし、若い頃はその着想が先進的に過ぎて理解者に恵まれず、学会での同業研究者からの攻撃や研究資金獲得の困難に見舞われ、西澤のアイデアがアメリカで先んじて開発に成功することも度々であった。
米国電気電子学会(IEEE)は西澤の名を冠したJun-ichi Nishizawa Medalを設け、電子デバイスとその材料科学の分野で顕著な貢献をした個人・団体を顕彰している。

にしざわじゅんいち [生]1926.9.12.仙台半導体工学者。1948年東北大学工学部卒業。54年同大助教授,62年同大電気通信研究所教授,83年から同研究所長となり,90年東北大学総長に就任した。電子材料の基礎的性質について研究を重ね,静電誘導トランジスタSITをはじめ,光通信の基本三要素(送信源,伝送路,受信器)の開発,光と電波の間の波長「テラヘルツ」の研究など多くの独創的成果をあげた。「ミスター半導体」と呼ばれ,「光通信のニシザワ」として世界に知られる。83年日本人初のモートン賞を受賞,文化功労者になる。89年文化勲章を受章。著書に『「十年先を読む」発想法』(1986),『私のロマンと科学』(90)などがある。 (引用元 コトバンク)