芸能人・経営者のおくやみ情報

アルフレッド・テニスン

詩人[イギリス]

1892年 10月6日 死去享年83歳

アルフレッド・テニスン - ウィキペディアより引用

初代テニスン男爵アルフレッド・テニスン(Alfred Tennyson, 1st Baron Tennyson, 1809年8月6日 - 1892年10月6日)は、ヴィクトリア朝時代のイギリスの詩人。
美しい措辞と韻律を持ち、日本でも愛読された。
生涯と作品 リンカンシャー州サマズビーに牧師の子として生まれる。
1831年までケンブリッジ大学に学び、1827年兄のチャールズやフレデリクとともに詩集『Poems by Two Brothers』を出版したが、単独の詩集『Poems Chiefly Lyrical』(1830年)はジョン・キーツの影響を示している。
次いで1833年『シャロットの妖姫 The Lady of Shalott』を発表したが酷評され、以来10年間沈黙する。
1832年に学友のハラム(Arthur Henry Hallam)と大陸を旅行するがその翌年にハラムが急死し、強い衝撃を受けて彼を弔う長詩『イン・メモリアム』In Memoriam A.H.H.を書き始め、十数年にわたる自己の思想の成長をも織りこんで1849年に完成させた。

「アルフレッド・テニスン」と関連する人物(故人)