芸能人・経営者のおくやみ情報

辻武寿 氏

政治家、元公明党委員長[日本]

2012年 4月30日 死去急性心不全享年94歳

辻 武寿(つじ たけひさ、1918年4月3日 - 2012年4月30日)は、日本の宗教家、政治家、小学校教員。
宗教法人創価学会の前身である創価教育学会の古参会員で、戦後、原島宏治、小泉隆とともに「蒲田の三羽烏」と称された。
創価教育学会理事、創価学会副会長、日蓮正宗法華講大講頭などを歴任し、創価学会の重鎮の一人として活動した。
1971年(昭和46年)の言論出版妨害事件で辞任するまでは公明党の要職も兼務し、参議院議員(2期)、公明党委員長(第2代)などを歴任した。
来歴・人物 1918年4月3日、埼玉県に生まれた。
東京豊島師範学校卒業後、小学校教員を務める。
同じ教員仲間の小泉隆の紹介で、1940年7月30日、創価教育学会(後の創価学会)に入会する。
戦後は、原島宏治らと共に創価学会青年部長(初代)、指導部長、創価学会理事などを歴任する。
1956年7月8日、第4回参議院議員通常選挙に全国区から無所属で立候補し、初当選する。
以降、連続2期当選。
1964年11月17日、公明政治連盟の議員が中心となり公明党が結成され、公明党副委員長に就任する。

辻 武寿氏(つじ・たけひさ=元公明党委員長、元参院議員)4月30日午後7時10分、都内の病院で急性心不全のため死去、94歳。埼玉県出身。葬儀は親族で済ませた。喪主は次男城昌(しろまさ)氏。 56年参院選に旧全国区から出馬し、初当選。当選2回。参院懲罰委員長や参院災害対策特別委員長を歴任した。64〜67年まで公明党の2代目委員長。その後、同党の支持母体である創価学会副会長を務めた。

  • 題名
    指導要文集
    著者
    日蓮大聖人
    発売元
    聖教新聞社
    ページ数
    366ページ
    発売日
    1978-11-03
    新品価格
    中古商品
    ¥ 40 より
  • 題名
    私の個人指導―蘇生へのカギはここにある (1979年)
    著者
    辻武寿
    発売元
    聖教新聞社
    ページ数
    273ページ
    発売日
    1979-10
    新品価格
    中古商品
    ¥ 7,800 より
  • 題名
    牧口常三郎箴言集
    著者
    辻武寿
    発売元
    第三文明社
    ページ数
    221ページ
    発売日
    1998-11-01
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1,000 より
  • 題名
    牧口常三郎箴言集 (1979年)
    著者
    牧口常三郎
    発売元
    第三文明社
    ページ数
    221ページ
    発売日
    1979-06
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1,200 より
  • 題名
    講座 教学研究 5 ◎特集-当体義抄
    著者
    執筆者-秋谷栄之助青木了桐村泰次辻武寿森田康夫山崎尚見ほか。
    発売元
    東洋哲学研究所
    ページ数
    発売日
    1984
    新品価格
    中古商品
    ¥ 5,000 より
  • 題名
    指導要文集
    著者
    日蓮大聖人
    発売元
    聖教新聞社
    ページ数
    366ページ
    発売日
    1978-11-03
    新品価格
    中古商品

宗教家・政治家。(1918年4月3日〜2012年4月30日) 1940年に創価学会の前身である創価教育学会に入会。創価学会黎明期から活動した柏原ヤス(創価学会初代婦人部長で元参院議員)、森田一哉(元創価学会理事長)などとともに創価学会の発展に寄与し副会長などを歴任。のち参議院選挙に当選して政界入りし、1964年12月には公明党の第2代委員長に就任した。 2012年4月30日に心不全のため死去。その訃報は約1週間後の5月6日の一般紙に掲載。また、創価学会の機関紙・聖教新聞にも掲載された。 (引用元 Hatena Keyword)