芸能人・経営者のおくやみ情報

藤原頼長(ふじわらのよりなが)

公卿[日本]

(保元元年7月14日没)

(ユリウス暦) 1156年 8月1日 死去享年37歳

藤原頼長 - ウィキペディアより引用

藤原 頼長(ふじわら の よりなが)は、平安時代末期の公卿。
兄の関白・藤原忠通と対立し、父・藤原忠実の後押しにより藤原氏長者・内覧として旧儀復興・綱紀粛正に取り組んだが、その苛烈で妥協を知らない性格により悪左府(あくさふ)の異名を取った。
後に鳥羽法皇の信頼を失って失脚。
政敵の美福門院・忠通・信西らに追い詰められ、保元の乱で敗死した。
男色はじめ当時の風俗を克明に記した日記『台記』でも有名。
生涯 摂関家の才子 幼名は菖蒲若(あやわか)。
大治5年(1130年)、藤原敦光が持参した複数の名字の中から中御門宗忠が「御堂(道長)宇治殿(頼通)御名字なり」という理由で選び、「頼長」と命名された(『中右記』正月3日条)。
元服して正五位下に叙せられ侍従・近衛少将・伊予権守に任官。
同年、右近衛権中将。
天承元年(1131年)に従三位。
翌年参議を経ずに権中納言に昇進。
長承2年(1133年)には8歳年上の徳大寺実能の娘・幸子を娶った。
長承3年(1134年)、権大納言となる。
また、姉の泰子(高陽院)が鳥羽上皇の皇后に冊立されると皇后宮大夫を兼ねる。

ふじわらのよりなが [生]保安1(1120).京都[没]保元1(1156).7.14.奈良平安時代後期の廷臣。通称,宇治左大臣,悪左府。忠実の次男。母は土佐守藤原盛実の娘。幼名は菖蒲若。誕生して半年後,父の関白忠実が突然白河法皇から内覧を停止されて宇治に隠退したため,幼少年期を宇治で過した。しかし,代って関白に任ぜられた兄忠通の後見で大治5(1130)年11歳のとき内裏および院の昇殿を許されるや異例の昇進を重ねた。その後,鳥羽上皇の院政が始り父忠実が復権すると,頼長の立場はさらに有利となり,長承3(34)年権大納言,保延2(36)年内大臣,右近衛大将,同5年皇太子傅,左近衛大将,久安5(49)年左大臣となった。翌年養女多子を入内させ皇后に立て,同年父の意思によって兄に代って氏長者,翌年には内覧となった。兄関白と並び立つにいたったが,久寿2(55)年近衛天皇の死去に際して天皇を呪詛したとの風評で鳥羽法皇の支持を失い,内覧をとめられた。この窮地を脱するためにクーデターによる政権の奪取を企て,保元1(56)年忠実とともに崇徳上皇を擁して挙兵(→保元・平治の乱)したが敗れ,逃走の途次舟中に没した。経史国書の勉学に熱心で日記『台記』を著したほか,高倉邸内の書庫に和漢万巻の書を収蔵した。 (引用元 コトバンク)