芸能人・経営者のおくやみ情報

アルベルト・スギ 氏

画家[イタリア]

2012年 3月31日 死去享年85歳

アルベルト・スギ - ウィキペディアより引用

アルベルト・スギ(Alberto Sughi、1928年10月5日 - 2012年3月31日)は、イタリアの画家。
エミリア=ロマーニャ州フォルリ=チェゼーナ県チェゼーナ出身。
1950年代から独学で美術製作を開始し、著名な現代美術の画家として活躍した。
2005年にはイタリア政府から文化勲章に相当するヴィットリオ・デ・シーカ賞(Premio De Sica)を授与されている。
1928年10月5日、エミリア=ロマーニャ州フォルリ=チェゼーナ県の街チェゼーナに生まれる。
少年期から青年期にかけて独学で絵を学び、第二次世界大戦や王政廃止などの激動を経た1950年代のヨーロッパで流行したリアリズム芸術運動を通じて作家活動を始めた。
しかし主流であった社会主義リアリズムとは一線を画して、後に「実存主義的なリアリズム」と評される方向性を追求した。
彼の描く作品は常に連作形式であり、『緑の絵』(1971年-1973年)、『夕食』(1975-1976)、『家族の想像と記憶』(1980年代初頭)などを製作している。

Alberto Sughi イタリアの画家。1928年生まれ。 2006年5月、画家・和田義彦氏の作品がスギ氏の作品に酷似していることが発覚、盗作疑惑として話題になった。 2006年6月現在、スギ氏のサイト上でもそのことに関しての記述がある。 表記ゆれ: アルベルト・スーギ アルベルトスギ? アルベルトスーギ? (引用元 Hatena Keyword)

「アルベルト・スギ」と関連する人物(故人)