芸能人・経営者のおくやみ情報

中川幸夫 氏

生け花作家[日本]

2012年 3月30日 死去老衰享年93歳

中川 幸夫(なかがわ ゆきお、1918年7月25日 - 2012年3月30日)は、香川県出身の前衛いけばな作家。
華道家、芸術家。
代表作に「花坊主」「魔の山」などがある。
敗戦直後の日本で勃興し、数年間の隆盛ののちに収束した「前衛いけ花」の活動家として知られる。
この頃には中川のほかに勅使河原蒼風、小原豊雲、中山文甫らが同様の活動をしていた。
この極めてアーティスティックな花の表現運動は「流派」という大きな流れを頂点とするいけ花界ヒエラルキーをどのように維持してゆくかに執着する動きにはあわず、「古典のみなおし」という建前によって後退、収束を余儀なくされた。
中川は「流派」に属さず「流派」を持たないことで、唯一「前衛いけ花」作家でありつづける事を貫いた。
3歳のとき事故による怪我が元で脊椎カリエスにかかる。
地元の小学校を卒業後、大阪の石版印刷屋へ奉公に出る。
その9年後に病が悪化し帰郷。
祖父と伯母が池坊に属し「いけばな」をしていたことから、叔母のもとでいけ花を始める。
戦後の1949年、創刊されたばかりの専門誌「いけばな芸術」へ送付した花の作品写真が作庭家の重森三玲に認められ、世に名が知られるようになる。

中川 幸夫氏(なかがわ・ゆきお=生け花作家)3月30日午前7時10分、老衰のため香川県坂出市の病院で死去、93歳。同県出身。葬儀は近親者で済ませた。 池坊師範の伯母から学び、その後、前衛的な研究会「白東社」に参加。池坊を脱退して流派に属さず、既成の概念を超えた独創的な活動を貫いた。花液が和紙に染み込む様子を見せる作品など、花の生きる姿を大胆に表現。書やガラス工芸も手掛けた。日本現代芸術振興賞などを受賞。 

【なかがわゆきお】 いけばな作家。香川県生れ。大阪市の印刷所勤務のかたわら,1942年池坊に入門。古典花を研究する一方,マッスを重視した新しいいけばなを独力で模索する。1949年初個展。1950年重森三玲主宰の白東社に参加し,翌年池坊を脱退。植物をほとんど使わず,木材による空間構成を試みる。1955年土門拳らの撮影による作品集《中川幸夫作品集》を自費出版。1956年の上京後も独自の道を歩み,戦後のいけばな界で勅使河原蒼風と並ぶ作家として高く評価されている。 (引用元 コトバンク)

「中川幸夫」と関連する人物(故人)