芸能人・経営者のおくやみ情報

三崎千恵子 氏(みさきちえこ)

女優[日本]

2012年 2月13日 死去老衰享年93歳

三﨑 千恵子(みさき ちえこ、本名:宮阪 トシ、旧姓:榊原、1920年9月5日(戸籍上は1921年2月20日) ‐ 2012年2月13日)は、日本の女優。
来歴・人物 東京府北豊島郡西巣鴨町(現:東京都豊島区)出身。
家業は青果問屋であった。
東洋高等女学校を卒業後、白木屋(現在の東急百貨店)に入社する。
そこでコーラス部に入ったことがきっかけで、1939年には松竹演芸部に歌手として所属する。
のち、ムーランルージュなどを経て、1954年、劇団民藝に入団する。
『アンネの日記』などの舞台に出演し、新藤兼人監督の『どぶ』で映画にもデビューする。
1967年の退団後は、テレビ・映画で活躍する。
俳優の宮阪将嘉と結婚している(1997年に死別)。
1969年から始まった映画『男はつらいよ』シリーズでは、車寅次郎のおば(車つね)役として全48作に出演した。
庶民的な演技で親しまれた。
テレビドラマでは『パパと呼ばないで』での井上時枝役や『渡る世間は鬼ばかり』での「おたふく」の女将さん・塚田咲枝役で親しまれた。

映画「男はつらいよ」の「おばちゃん」役で知られた女優の三崎千恵子(みさき・ちえこ、本名宮阪トシ=みやさか・とし)さんが13日午後7時15分、老衰のため神奈川県鎌倉市の病院で死去した。90歳だった。東京都出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長女柴順子(しば・じゅんこ)さん。 劇団民芸などを経てフリーに。渥美清さん主演の「男はつらいよ」シリーズ全48作で、口やかましいが心優しく主人公の車寅次郎を見守るおば役を好演した。他にも「銀座の恋の物語」「霧の旗」「同胞」「ガラスのうさぎ」など多彩なジャンルの映画作品に出演。演劇やテレビでも活躍し、代表作に舞台「アンネの日記」、ドラマ「パパと呼ばないで」など。昨年公開されたドキュメンタリー映画「ムーランルージュの青春」が最後の出演作となった。 

1920年9月5日(戸籍上は1921年2月20日)〜2012年2月13日 日本の女優。本名は宮阪トシで旧姓は榊原。東京出身。 劇団民藝などを経て映画やテレビドラマの女優として活躍。1969年から始まった映画「男はつらいよ」シリーズでは、車寅次郎のおばの車つね役として全作品に出演した。 (引用元 Hatena Keyword)

「三崎千恵子」と関連する人物(故人)