芸能人・経営者のおくやみ情報

石元泰博 氏(いしもとやすひろ)

写真家[日本]

2012年 2月6日 死去肺炎享年92歳

石元 泰博氏(いしもと・やすひろ=写真家)6日午後0時13分、肺炎のため東京都港区の病院で死去、90歳。米サンフランシスコ出身。葬儀は13日午前10時から同区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場で。喪主はおいの喬(たかし)氏。 日系移民2世として米ロサンゼルスで生まれ、3歳の時に両親の故郷の高知県土佐市に戻る。県立農業学校を卒業後、39年に再び渡米。太平洋戦争開戦後、日系人収容所に収容された。戦後、シカゴで本格的に写真を学ぶ。53年に帰国、モダニズム写真の先駆者として戦後の写真界に大きな影響を与えた。 代表作に写真集「シカゴ、シカゴ」、丹下健三氏との共著「桂−日本建築における伝統と創造」など。83年紫綬褒章、96年に文化功労者。 

いしもとやすひろ [生]1921.6.14.アメリカ合衆国,カリフォルニア,サンフランシスコ[没]2012.2.6.東京写真家。1924年にアメリカ合衆国から高知県へ一家で移住し,1939年に単身渡米。シカゴのイリノイ工科大学を卒業した1953年に再訪日。1954年頃から桂離宮の撮影を開始し,その成果は1960年の『桂KATSURA日本建築における伝統と創造』をはじめとする複数の出版物として発表された。バウハウスの流れをくむモダニズムの写真教育を受けたその造形感覚に富んだ作風は,第2次世界大戦後の日本写真界に新たな風を吹き込み,多くの写真家に影響を与えた。1969年には日本国籍を取得し,その後日本を拠点として活動。1969年に刊行した写真集『シカゴ,シカゴ』で毎日芸術賞を受賞。さらに伊勢神宮といった伝統建築だけではなく,都市の日常的な風景を繊細に切り取った作品を数多く制作した。1983年紫綬褒章を受章,1996年文化功労者に選ばれた。2004年に全作品を高知県立美術館に寄贈し,2005年には紺綬褒章を受章した。 (引用元 コトバンク)

「石元泰博」と関連する人物(故人)