芸能人・経営者のおくやみ情報

山本七平 氏

評論家[日本]

1991年 12月10日 死去膵臓がん享年70歳

山本七平 - ウィキペディアより引用

山本 七平(やまもと しちへい、1921年12月18日 - 1991年12月10日)は、山本書店店主。
評論家として、主に戦後の保守系マスメディアで活動した。
年譜 1921年12月18日 - 東京府荏原郡三軒茶屋(現在の東京都世田谷区三軒茶屋)で、クリスチャンの両親(山本文之助、八重)の間に長男として生まれる。
名の「七平」は神の安息日(日曜)生まれから命名される。
兄弟姉妹は姉2人と妹1人。
父方のいとこおばの夫は玉置酉久(大石誠之助の次兄)。
1937年 - 青山学院教会で洗礼を受ける。
1942年9月 - 太平洋戦争中のため、青山学院専門部高等商業学部を21歳で繰り上げ卒業する。
10月、第二乙種合格で徴兵され、陸軍近衛野砲兵連隊へ入隊。
その後、甲種幹部候補生合格、愛知県豊橋市の豊橋第一陸軍予備士官学校に入校する。
1944年5月 - 第103師団砲兵隊本部付陸軍砲兵見習士官・野戦観測将校(のち少尉)として門司を出航、ルソン島における戦闘に参加。

やまもとしちへい [生]1921.12.18.東京[没]1991.12.10.東京出版人,評論家。代々クリスチャンの家系に生れる。1942年青山学院高商部卒業後,陸軍に入隊し,フィリピンで第2次世界大戦の終結を迎えた。現地で捕虜となり,47年復員。58年翻訳書を中心に聖書関係の書籍を刊行する山本書店を設立する。70年に出版したイザヤ・ベンダサン著・山本訳『日本人とユダヤ人』がベストセラーとなり,第2回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。この本をめぐってベンダサン=山本七平説がマスコミをにぎわしたが,本人は否定。これを機にみずから言論活動を開始し,戦争体験や日本人の行動と思想を解析,新保守主義をリードする論客と目された。おもな著書に『私の中の日本軍』(75),『論語の読み方』(81),『「空気」の研究』(77)などがある。 (引用元 コトバンク)