芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョサイア・コンドルJosiah Conder

建築家[イギリス]

(お雇い外国人、「日本近代建築の父」)

1920年 6月21日 死去享年67歳

ジョサイア・コンドル - ウィキペディアより引用

ジョサイア・コンドル(Josiah Conder、1852年9月28日 - 1920年6月21日) はイギリスのロンドン出身の建築家。
お雇い外国人として来日し、政府関連の建物の設計を手がけた。
また工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)の教授として辰野金吾ら、創成期の日本人建築家を育成し、明治以後の日本建築界の基礎を築いた。
のちに民間で建築設計事務所を開設し、財界関係者らの邸宅を数多く設計した。
日本女性を妻とし、河鍋暁斎に師事して日本画を学び、日本舞踊、華道、落語といった日本文化にも大いに親しみ、趣味に生きた人でもあった。
「コンドル」はオランダ風の読み方で、「コンダー」の方が英語に近い。
著書『造家必携』(1886年)には「ジョサイヤ・コンドル」とあり、政府公文書では「コンダー」「コンドル」が混在しているが、一般には「コンドル先生」で通っている。
「コンデル」とも呼ばれた。
1852年 ロンドンのケニントン(22 Russel Grove, Brixton, Surrey)に生まれる。

Josiah Conder 1852年:生 1920年:没 工部大学校造家科(現・東京大学建築学科)において日本ではじめて本格的な西欧式建築教育をおこなった。帝国大学造家科になっても引き続き学生の教育にあたり、明治期のすぐれた建築家たちを育てた。また日本最初の建築設計事務所を開設、鹿鳴館・東京帝室博物館など多くの洋風建築も設計している。東京帝国大学名誉教師、(日本)建築学会名誉会長・名誉会員でもあった。日本人を妻とし、日本で亡くなった。河鍋暁斎について日本画を学ぶなどの日本趣味もあった。なお、同大工学部1号館前庭に新海竹太郎作の銅像が建てられている。 参考:http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/tenjikai/tenjikai97/conder.html (引用元 Hatena Keyword)