芸能人・経営者のおくやみ情報

雍正帝

清朝第5代皇帝[清]

(雍正13年8月23日没)

1735年 10月8日 死去享年歳

雍正帝 - ウィキペディアより引用

雍正帝(ようせいてい)は、清の第5代皇帝。
諱は胤禛(いんしん(禛の字は示眞))、廟号は世宗、謚号は憲皇帝(temgetulehe hūwangdi)。
在世時の元号を取って雍正帝と呼ばれる。
生涯 即位 康熙帝の第4子として生まれる。
母は徳妃のウヤ(烏雅)氏(孝恭仁皇后)。
康熙帝は次男で皇后の子の胤礽を寵愛し、2歳で皇太子とした。
しかし、皇太子はその地位に安住し修養を怠って遊び歩くだけではなく、賄賂を取って政治を歪め、さらには康熙帝を亡きものにするクーデターにまで手を染めた。
そこで康熙帝はやむを得ず皇太子を廃太子とし、以後新たに皇太子を置くことはなかった。
康熙61年(1722年)、康熙帝が病を得て崩御すると、遺詔によって胤禛が指名され皇帝に即位した(九王奪嫡)。
この時45歳であった。
しかし、即位時の経緯には不明な点が多い。
康熙帝の遺詔は病床のそばにいたロンコド(孝懿仁皇后の弟)が聞いて、それを胤禛に伝えたということになっていたが、実は遺詔には「十四子」と書いてあったのをロンコドと胤禛が「十」を取ってねじ曲げたのだ、という噂が絶えなかった(「伝位十四子(皇帝の位を十四皇子に伝えること)」の「十」の字に加筆して「伝位于四子(皇帝の位を四皇子に伝えること)」に書き換えたともいう)。

ようせいていYong-zheng-di;Yung-chêng-ti [生]康煕17(1678).10.30.北京[没]雍正13(1735).8.23.北京中国,清朝の第5代皇帝(在位1723~35)。名は胤しん(いんしん)。諡は憲皇帝。廟号は世宗。年号は雍正。康煕帝の第4子で和碩雍親王となり,次いで継位争いのさなかに即位した。即位後ただちに継位を争った允し(いんし),允とう(いんとう)を庶民に下し,権臣の年羹堯(ねんこうぎょう),ロンコド(隆科多)らを粛清。王族,権臣の権力基盤であった八旗制に改変を加えて独裁権力の確立に努めた。その政策は厳格であり,地方長官の総督,巡撫を直接統治する奏摺制度を実施し,従来の内閣を有名無実化して,のちには軍機処を創設するにいたった。地方官には不正を行うことのないように養廉銀を給し,地方の賤民の戸籍を改め,辺境のミヤオ(苗)族を統治下に入れる改土帰流政策を展開し,豊かな財政を背景に丁賦(人頭税)を廃して地銀に繰入れる地丁銀制を促進するなどの内治に努めた。また皇太子問題で懲りた帝は,皇太子は立てるが公表しないという皇太子密建法を施行し,これにより乾隆帝が即位した。 (引用元 コトバンク)