芸能人・経営者のおくやみ情報

別宮貞雄 氏

作曲家、中央大学名誉教授[日本]

(「交響曲第5番」「ヴィオラ協奏曲」など)

2012年 1月12日 死去老衰享年89歳

別宮 貞雄(べっく さだお、1922年5月24日 - 2012年1月12日)は、日本の作曲家。
1922年に別宮貞俊(東京工業大学教授を務めたのち実業界に転じ、住友電気工業株式会社初代社長などを歴任)と病理学者で東京帝大医学部教授の山極勝三郎の長女の息子として東京に生まれた。
翻訳家の別宮貞徳は実弟。
遠祖は伊予守護職河野氏出身の正岡経政の重臣で経政の叔父に当たる別宮修理太夫光貞。
別宮氏は江戸時代に入ると伊予国今治藩の豪商国田屋として栄えた。
兵庫県立第一神戸中学校から成城高等学校、第一高等学校を経て東京大学理学部物理学科を1946年に卒業。
さらに同大学文学部美学科に入学し1950年卒業。
のちフランスに渡り、パリ音楽院でダリユス・ミヨー、オリヴィエ・メシアンらに師事したが、ミヨーのクラスを受験した際、シュトックハウゼンがライバルであったが、別宮が合格したため落とされている。
帰国後1955年から桐朋学園大学で教鞭を執る。
1961年から桐朋学園大学教授、1973年から中央大学教授を務めた。
中央大学の音楽研究会吹奏楽部から作品を委嘱されてもいる。

別宮 貞雄氏(べっく・さだお=作曲家、中央大名誉教授)12日午後9時30分、老衰のため東京都三鷹市の老人ホームで死去、89歳。東京都出身。葬儀は16日午前11時30分から武蔵野市御殿山1の7の8のカトリック吉祥寺教会で。喪主は長男剛夫(たけお)氏。 作品に「交響曲第5番」「ヴィオラ協奏曲」など。桐朋学園大教授、日本現代音楽協会委員長も務めた。 

べっく-さだお 1922-2012昭和後期-平成時代の作曲家。大正11年5月24日生まれ。電気工学者・別宮貞俊の長男,英文学者・別宮貞徳の兄。大学で物理学をまなびながら作曲を池内友次郎に師事。昭和21年「管弦楽のための二章」で毎日音楽コンクール2位入賞。26年パリ国立音楽院に留学,ミヨー,メシアンらにまなぶ。32年「管弦楽のための二つの祈り」,47年「ヴィオラ協奏曲」で尾高賞。交響曲やオペラ「葵の上」,歌曲「さくら横ちょう」,映画音楽など多彩な作品がある。36年桐朋学園大教授,48年中央大教授。平成24年1月12日死去。89歳。東京出身。東大物理学科卒。 (引用元 コトバンク)