芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリー7世Henry VII

イングランド国王[イギリス]

(ユリウス暦) 1509年 4月21日 死去享年53歳

ヘンリー7世 - ウィキペディアより引用

『ヘンリー7世 (イングランド王)』より : ヘンリー7世(Henry VII, 1457年1月28日 - 1509年4月21日)は、テューダー朝初代のイングランド王(在位:1485年8月22日 - 1509年4月21日)およびアイルランド卿。
ボズワースの戦いでリチャード3世を破って王位を勝ち取り、戦いで王座を得た最後のイングランド王となった。
ランカスター朝の系統のヘンリー7世は、ヨーク朝のエドワード4世の娘にしてリチャード3世の姪にあたるエリザベス・オブ・ヨークと結婚して王位を固め、薔薇戦争による混乱を解決した。
テューダー朝を創立して24年間王位に座り、平和裏に息子ヘンリー8世に王位を継承した。
君主の権力を回復し、政治を安定させ、優れた統治、積極的な外交政策と経済運営を行った。
テューダー朝断絶後にイングランド王位を継承したステュアート朝のジェームズ1世は、ヘンリー7世の長女マーガレットの孫であり、そのためヘンリー7世は現在のイギリス王家の祖先にもあたる。

ヘンリーななせいHenryVII [生]1457.1.28.ペンブルック城[没]1509.4.21.リッチモンドイギリス,チューダー朝初代のイングランド王(在位1485~1509)。父はリッチモンド伯エドマンド・チューダー,母はマーガレット・ボーフォート。1471年以後叔父ジャスパーとともにブルターニュに亡命。1485年8月帰国し,ランカスター家の長として国王リチャード3世をボズワースの戦いで敗死させ,1485年10月戴冠。ヨーク家のエドワード4世の長女エリザベスと結婚し,バラ戦争に終止符を打った。治世の初期にはヨーク派の残党やランバート・シムネル,パーキン・ウォーベックらの陰謀に悩まされたが,これらを抑えた。外交面では政略結婚で平和の維持に努め,内政面では旧貴族の勢力を減じる官僚制度の整備,国事犯の取り締まり強化策としての星室裁判所の設置,増税,新税による王室独自の財政の確保,商工業に対する保護奨励など,チューダー朝絶対主義体制の基礎を固める重責を果たした。 (引用元 コトバンク)