芸能人・経営者のおくやみ情報

ケン・ラッセル 氏

映画監督[イギリス]

(「トミー」「肉体の悪魔」など)

2011年 11月27日 死去享年85歳

ケン・ラッセル - ウィキペディアより引用

ケン・ラッセル(Henry Kenneth Alfred Russell, 1927年7月3日 - 2011年11月27日)は、イギリス出身の映画監督。
過激な作風とエキセントリックな言動で知られ、そのセクシャルな演出で教会をはじめ多方面から批判を受ける。
1974年の『マーラー』に代表される伝記映画を得意とする。
1969年の『恋する女たち』でアカデミー監督賞にノミネート。
そのほか『デビルズ』(1971年)、『トミー』(1975年) などの作品で知られる。
10代後半で航海士になったが、飽きてしまいイギリス空軍に入隊。
空軍に2年いた後、バレエに興味を持ちバレエ学校で学ぶが、すぐに断念。
俳優を志すが才能がないということでこれも断念。
次に選んだ写真の分野では成功し、後にBBCに招かれてテレビ映画を作るようになる。
かなりアバンギャルドな作風で、彼の作品は「スキャンダラス」「狂気」「耽美的」「変質的」などと形容されることが多い。
チャイコフスキー、マーラー、エルガー、フランツ・リスト、ルドルフ・ヴァレンティノ、ワーズワース、ユリ・ゲラーなど、実在の人物の生涯を多く映画化した。

Ken Russell 英国の監督。TV、映画、ドキュメンタリー、音楽番組など多数演出。オペラ演出なども手掛ける。 1927年イギリス生まれ。 (引用元 Hatena Keyword)

「ケン・ラッセル」と関連する人物(故人)