芸能人・経営者のおくやみ情報

三木清(みききよし)

哲学者[日本]

1945年 9月26日 死去享年49歳

三木清 - ウィキペディアより引用

三木 清(みき きよし、1897年1月5日 - 1945年9月26日)は、(西田左派を含めた上での)京都学派の哲学者。
弟に中国文学者の三木克己がいる。
生涯 兵庫県揖保郡平井村小神(後の龍野市、現・たつの市揖西町)出身。
旧制龍野中学校では、西田正雄(後の海軍大佐、戦艦比叡の最後の艦長)が同級生で、三木は次席で西田が首席であった。
第一高等学校から京都帝国大学に進み、西田幾多郎に師事する。
大学在学中は西田のみならず東北帝国大学から転任してきた田辺元や左右田喜一郎らからも多くの学問的影響を受けた。
大学卒業後は大谷大学、龍谷大学で教鞭をとる。
1922年には岩波茂雄の資金的な支援を受けてドイツに留学。
ハイデルベルク大学でハインリヒ・リッケルトのゼミナールに参加し、歴史哲学を研究した。
1923年にはマールブルク大学に移り、マルティン・ハイデッガーに師事。
ニコライ・ハルトマンの講義にも出席した。
ハイデッガーの助手カール・レーヴィットからの影響でフリードリヒ・ニーチェやセーレン・キェルケゴールの実存哲学への興味を深めた。

みききよし [生]1897.1.5.兵庫[没]1945.9.26.東京哲学者。京都大学哲学科卒業後,1922年ドイツに留学。H.リッケルトに学び,帰国後,26年処女作『パスカルに於ける人間の研究』を発表。27年法政大学教授。28年羽仁五郎らと『新興科学の旗のもとに』を発刊し,『唯物史観と現代の意識』(1932)を著わすなどマルクス主義と哲学の内面的論理的結合を試みたが,30年治安維持法違反で検挙された。釈放後,32年『歴史哲学』を著わし,33年学芸自由同盟を結成し,岩波新書の創刊に参画した。以後『構想力の論理』(39,46),『哲学ノート』(41),『人生論ノート』(41),『技術哲学』(42)を著わす。42年陸軍に徴用されマニラに報道班員として派遣されたが,45年3月再び治安維持法違反のかどで投獄され,第2次世界大戦直後に獄死。『三木清全集』(19巻,66)がある。 (引用元 コトバンク)