芸能人・経営者のおくやみ情報

松岡陽子マックレイン 氏

米オレゴン大学名誉教授[日本→アメリカ]

(夏目漱石の孫)

2011年 11月2日 死去脳内出血享年87歳

松岡 陽子 マックレイン(まつおか ようこ マックレイン、Yoko Matsuoka McClain、1924年 - 2011年11月2日)は、アメリカの文学者(比較文学)。
オレゴン大学名誉教授。
東京府(現・東京都)生まれ。
父は作家松岡譲。
母は夏目漱石の長女・筆子。
妹は半藤末利子。
1945年に津田塾大学を卒業し、1952年に渡米。
オレゴン大学でフランス語を専攻し、1956年に学士号を取得。
この間、米国人ジョージ・ロバート・マックレイン (George Robert McClain) と結婚。
一男を出産後、再びオレゴン大学に戻る。
大学院で比較文学を研究し、1967年に修士号を取得。
1964年から1994年まで、オレゴン大学の東アジア言語文学部 (the Department of East Asian Language and Literature) で日本語や近代文学を教えた。

松岡 陽子 マックレインさん(まつおか・ようこ・マックレイン=米オレゴン大学名誉教授、夏目漱石の孫)2日(日本時間3日)、脳内出血のためオレゴン州中部ユージーン市内の自宅で死去、87歳。1日に病院に搬送されたが、自宅に戻っていた。親族らが明らかにした。 松岡さんの母は、漱石(1867〜1916)の長女で「吾輩は猫である」に登場する女児のモデルともいわれる筆子(1899〜1989)。津田塾大卒業後、52年にオレゴン大へ留学、現地で結婚。64〜94年、同大の教壇に立つ。専攻は比較文学。著書に「孫娘から見た漱石」(95年)など。 (ロサンゼルス時事)筆子(ふでこ)(2011/11/04-19:11)

「松岡陽子マックレイン」と関連する人物(故人)