芸能人・経営者のおくやみ情報

楠山春樹 氏

早稲田大学名誉教授・中国思想[日本]

2011年 10月30日 死去老衰享年89歳

楠山春樹(くすやま はるき、1922年 - )は、中国古典研究者、早稲田大学名誉教授。
文学博士。
主に道教と老子の研究で知られ、一般向けの紹介書なども数多く手掛ける。

大正11年(1922年)、東京都に生まれる。

昭和18年(1943年)、早稲田大学文学部東洋哲学科卒業。

昭和37年(1962年)、早稲田大学教授。

現在、早稲田大学名誉教授。

『老子伝説の研究』創文社東洋学叢書,1979. ISBN 4423192187
『淮南子』上・中・下 新釈漢文大系54・55・62.明治書院,1979-88.ISBN 4625570549 ほか
『老子〈中国の人と思想〉』集英社,1984. ISBN 4081850046
『道家思想と道教』平河出版社,1992. ISBN 4892032174
『老子を読む』PHP研究所 PHP文庫,2002. ISBN 4569576877
『老子入門』講談社学術文庫,2002. ISBN 4061595741
『淮南子』 新書漢文大系34.明治書院,2007.ISBN 9784625664038

楠山 春樹氏(くすやま・はるき=早大名誉教授・中国思想)30日午前9時35分、老衰のため東京都文京区の自宅で死去、89歳。東京都出身。葬儀は11月2日正午から東京都台東区東上野4の1の4の区民斎場徳雲会館で。喪主は弟三香男(みかお)氏。(2011/10/30-17:44)