芸能人・経営者のおくやみ情報

ガブリエーレ・ダンヌンツィオGabriele D'Annunzio

詩人作家[イタリア]

(イタリアのファシズムにおける先駆的活動を行う。)

1938年 3月1日 死去享年76歳

ガブリエーレ・ダンヌンツィオ - ウィキペディアより引用

ガブリエーレ・ダンヌンツィオ(Gabriele D'Annunzio、1863年3月12日 - 1938年3月1日)は、イタリアの詩人、作家、劇作家。
ファシスト運動の先駆とも言える政治的活動を行ったことで有名。
なお日本ではダヌンツィオ、ダンヌンチオ、ダヌンチオとも表記する。
本名はガエターノ・ラパニェッタ(Gaetano Rapagnetta)。
生涯 ガブリエーレ・ダンヌンツィオはペスカーラにて、富裕地主(かつ同市の市長)の息子として生まれる。
その早熟の才は早くから認められ、彼はプラートのチコニーニ高等専門学校に進む。
そこで彼は、16歳にして処女詩集Primo vere(早春、1879年)を出版。
これは後のノーベル文学賞作家ジョズエ・カルドゥッチのOdi barbareに影響を受けた作品である。
1881年にはローマ大学ラ・サピエンツァ校に進学、様々な文芸グループに参加、また地元紙に記事や評論を寄稿する。
彼の最初の小説Il Piacere(快楽の子、1889年)もこの時出版され、多作な文学活動の出発点となる。

  • 題名
    トスティ:歌曲集2
    歌手
    松本美和子
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    演奏時間
    93分
    発売日
    2014年10月22日
    新品価格
    ¥ 3,024
    中古商品
    ¥ 3,030 より

Gabriele D'Annunzio (1863-1938) イタリアの詩人、作家、劇作家。 作風はフランスの象徴主義をはじめドイツ、ロシア、北欧諸国等の海外文学に影響を受けている。 反対に、ヨーロッパ諸国の作家たちや三島由紀夫に多大なる影響を与えた。 イタリアを代表する映画監督、ルキノ・ヴィスコンティは『罪なき者』を映画化した(遺作となった「イノセント」)。 フランチェスコ・パオロ・トスティはダンヌンツィオの詩にインスパイアされ、多くの歌曲を作曲した。 代表作品: 小説『快楽』『罪なき者』『死の勝利』(薔薇小説3部作) 小説『炎』 小説『巌の処女』 聖史劇『聖セバスチャンの殉教』(クロード・ドビュッシー作曲) 「暁は光と闇とを分かつ」(※フランチェスコ・パオロ・トスティが作曲し歌曲として知られる) 夜明けは 光から暗闇を分かち 私の欲求から 逸楽を分ける おお 愛しい星よ 滅び行く時だ さらに神聖な愛が空からお前たちを取り除く 燃えさかる瞳よ おお二度と戻らぬお前たちよ 悲しき星たちよ 清らかなまま姿を消してくれ 私も死のう 昼など見たくないのだ 私の夢と、そして闇への愛ゆえに 私を包んでくれ、おお夜よ、お前の母なる胸に 蒼ざめた大地が露に濡れている間に さもなくば 私の血から暁が生まれ 私の短い夢から永遠の太陽が生まれてほしい (引用元 Hatena Keyword)