芸能人・経営者のおくやみ情報

細谷千博 氏

国際政治学者、一橋大学名誉教授[日本]

2011年 9月21日 死去老衰享年91歳

細谷 千博(ほそや ちひろ、1920年4月1日 - 2011年9月21日)は、日本の国際政治学者。
一橋大学名誉教授、国際大学名誉教授、日本学士院会員、英国学士院客員会員、元日本国際政治学会理事長。
専門は外交史。
ちなみに、国際政治学者の細谷雄一との血縁関係はない。
東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)生まれ。
1937年3月東京府立第四中学校(現在の東京都立戸山高等学校)卒業、4月第一高等学校文科甲類入学。
1940年3月第一高等学校文科甲類卒業、4月東京帝国大学法学部政治学科入学。
1945年9月、東京帝国大学法学部政治学科卒業。
1946年4月、東京帝国大学法学部大学院入学。
1949年6月、東京商科大学(現一橋大学)特別研究生。
1951年10月、一橋大学法学部助手。
1952年4月、一橋大学法学部専任講師。
1956年12月一橋大学法学部助教授。
1962年2月、京都大学より法学博士の学位を取得。
同年11月一橋大学法学部教授。
1969年4月、一橋大学法学部長。
1983年4月、一橋大学定年退官、一橋大学名誉教授、国際大学副学長。

ほそや-ちひろ 1920-2011昭和後期-平成時代の国際政治学者。大正9年4月1日生まれ。外交史を専攻し,昭和37年一橋大教授。58年国際大副学長。日米関係や日露関係を中心とした日本外交史,シベリア出兵などを実証的に研究。日本国際政治学会理事長をつとめた。平成3年学士院会員。平成23年9月21日死去。91歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「日本外交の軌跡」,「サンフランシスコ講和への道」(毎日出版文化賞・吉田茂賞),「シベリア出兵の史的研究」など。 (引用元 コトバンク)

「細谷千博」と関連する人物(故人)