芸能人・経営者のおくやみ情報

クルト・ザンデルリンク 氏

指揮者[ドイツ]

2011年 9月18日 死去享年98歳

クルト・ザンデルリンク - ウィキペディアより引用

『クルト・ザンデルリング』より : クルト・ザンデルリング(Kurt Sanderling, 1912年9月19日 - 2011年9月18日)は、ドイツの指揮者である。
息子のトーマス、シュテファンはともに指揮者、ミヒャエルはチェリストである。
東プロイセンのアリス(現在のポーランド・ヴァルミア=マズールィ県オジシュ)に生まれた。
幼い頃から音楽に興味を示し、10歳でケーニヒスベルク(現ロシア領カリーニングラード)のギムナジウムに通い、音楽を学び始めた。
1931年にベルリン市立歌劇場のコレペティートルとして音楽家としてのキャリアをスタートさせた。
しかしナチスが勢力を拡大すると、母親がユダヤ人であった彼はドイツ国籍を剥奪され、1935年におじが在住していたソビエト連邦に亡命した。
同国ではモスクワ放送交響楽団でジョルジュ・セバスティアンのアシスタントとして研鑚を積んだ。
1937年にモスクワでモーツァルトのオペラ『後宮からの誘拐』を指揮してデビューした。
1939年にはハリコフ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任した。
1941年にレニングラート・フィルハーモニー交響楽団の第一指揮者に就任し、エフゲニー・ムラヴィンスキーの下でさらに研鑚を積んだ。

Kurt Sanderling 指揮者。 1912年、生まれ。2011年9月18日、ベルリンで死去。98歳だった。 東プロイセン出身。ユダヤ系だったためナチスの台頭を機にソビエト連邦に亡命。 1960年、東ドイツに帰国。 1960年〜1977年、ベルリン交響楽団(現:ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団)で首席指揮者を務めた。 2002年、惜しまれつつ引退。 (引用元 Hatena Keyword)